桐生祥秀、9秒98で日本人悲願の9秒台

陸上 日本学生対校選手権第2日
男子100メートル決勝で、
16年リオ五輪男子
400メートルリレー銀メダルの
桐生祥秀(21)=東洋大=が、
日本初の9秒台となる9秒98
(追い風1・8メートル)で3連覇を飾った。


馬之助の感想

ついに日本人で
100メートル10秒を切る選手が出たわね。
桐生祥秀選手は期待されながら
長らく調子が上がらず
9秒台は無理?と思われてた矢先に
ついに9秒台に突入し、
これほど嬉しいことはないわ。

桐生祥秀選手は
日本人初の9秒台として
永遠に名前が残ることになったわね。

多田修平選手は非公式で
先に9秒台が出しているし、
今回の決勝でも
かなりの善戦だったわよ。

多田修平

多田選手にも9秒台の可能性が
多いにあるのよ。

多くの選手が東京や海外に
本拠地を移すけど
多田選手は関学で頑張って
世界に善戦する
タイムを出してきていることに
好感をもつわ。

桐生選手には今後
コンスタントに9秒台を出して
0.01秒ずつ、タイムを
縮めていってほしいわね。

先ほどの世界陸上決勝で
9秒98で走ったら優勝だったのよ。

それからケンブリッジ飛鳥選手

ケンブリッジ飛鳥

リオオリンピックのリレー決勝で
ボルト選手と一直線になった瞬間は
爽快だったわ。

毎日新聞ケンブリッジ飛鳥とボルトリレー決勝

それとサニブラウン選手。

サニブラウン

実はあたしはサニブラウン選手が
先に9秒代を出すのでは?
と思ってたのよ。
それほど有望なのよ。

でも!

顔を見ればわかるけど
ケンブリッジのお父さんは
ボルトと同じジャマイカ人。

サニブラウンのお父さんは
ガーナ人。

オリンピック100メートル決勝を見れば

国籍はアメリカ、フランス、
イギリスなどになっているけど
全員がアフリカ系で
白人やアジア人とは
筋肉の質が全く違って
彼らは神からあたえられた
最強の筋肉を持っているのよ。

テニスの大坂なおみ選手にしても
お父さんはハイチ系アメリカ人で
身長180㎝、強い筋力を
受け継いでいるのよ。

大坂なおみ

ハンマー投げの室伏広治選手は
お母さんが
ルーマニアの元陸上選手だったから、
オリンピックでメダルを取ったとき
お近くの国が悔し紛れに
純粋の日本人でない、と
悪口言ったのよ。

ケンブリッジ飛鳥選手も
サニブラウン選手も
9秒台を出して
東京オリンピックでは

桐生、多田、ケンブリッジ、サニブラウンが
全員9秒台で
決勝に並んで日の丸を掲げてほしいけど、

今回の桐生選手の大記録は
日本国籍初の9秒台ではなく

日本人の筋肉で9秒台を出した

という偉大な記録で、
ホント、歴史的快挙なのよ。
凡才!馬之助どうぶつ園
にほんブログ村 芸能一般情報
人気ブログランキングへ
楽天リンク