フィギュアスケートの世界選手権は第3日の22日、さいたまスーパーアリーナで女子フリーがあり、ショートプログラム(SP)7位の紀平梨花(関大KFSC)はフリー152・59点、合計223・49点で4位だった。今季の国際大会の連勝は6で止まった。

フィギュア女子世界選手権4位紀平梨花

日本勢はこの紀平が最高で、SP2位の坂本花織(シスメックス)はフリー145・97点、合計222・83点で5位。宮原知子(関大)は6位だった。

アリーナ・ザギトワ(ロシア)がSPから首位を守り、合計237・50点で初優勝した。

ザギトワ
出展:ザギトワ

シニア女子で初めての4回転ジャンプを成功させたエリザベト・トゥルシンバエワ(カザフスタン)が2位となって同国女子初のメダルを獲得した。エフゲニア・メドベージェワ(ロシア)が3位だった。

エリザヴェート・バイタコヴナ・トゥルシンバエワ
出展:エリザヴェート・バイタコヴナ・トゥルシンバエワ



馬之助の感想

紀平梨花選手はいつもSPでは目玉のトリプルアクセルを失敗して出遅れてフリーで逆転優勝をしてきたけど、上位の選手がみんな、次々失敗してくれたので優勝できただけで、ザギトワやメドベージェワが本気の演技をして10点以上の差を付けられたら、フリーでトリプルアクセルを成功させても、優勝どころかメダルも無理ってことを思い知ったことで今後の大きな糧になったわね。

銅メダルは取れると思ってたけど、ついに女子で4回転サルコーをやる選手が現れ、日本女子、赤信号よ。

ロシアには4回転やトリプルアクセルを軽々やる選手がいるというから、ザギトワやメドベージェワでさえ、うかうかできない戦国時代だわ。

4回転サルコーを成功させたトゥルシンバエワ選手はまだ体重が軽くてこの人だって、数年後もこれが出来るかどうかはわからないからね。

ザギトワやメドベージェワ、紀平選手も、身長が伸びたり、体重に変化があり、今まで飛べていたジャンプができなくなったりと、次のオリンピックまでの間に新し選手が台頭してくる可能性が大きいわ・・・。

オリンピックって4年に1度しかないので、その年にちょうど体格、体調共に最高潮の時期に当たった人が優勝するのよね。運に大きく左右されるわ。浅田真央ちゃんも15歳の時、オリンピックに出ていたら荒川静香に間違いなく勝ってたわ。

実は浅田真央ちゃんの時のように必死の応援をする気にはならなくて、ロシアから曲芸のような回転女子が出てきたら、それはそれで面白いって思ってんのよ。



https://sakuragasaita.com/
凡才!馬之助どうぶつ園
馬之助の人間万事塞翁が馬よ!人生是修行
にほんブログ村 芸能一般情報
人気ブログランキングへ
楽天リンク