大相撲秋場所千秋楽
(24日、東京・両国国技館)
横綱日馬富士(33)が
大関豪栄道(31)を
本割と優勝決定戦で続けて下し、
11勝4敗で7場所ぶり
9度目の優勝を飾った。
サンケイニュース



1場所15日制が定着した
1949年夏場所以降、
11勝4敗での優勝は
最少に並ぶ勝ち星で
今場所の日馬富士が3例目となった。

過去は72年初場所の栃東(前頭5枚目)と、
96年九州場所での武蔵丸(大関)。
武蔵丸は曙、若乃花、貴ノ浪、魁皇との
5人による優勝決定戦を制した。
(2017/09/24-20:20)
jiji.com 

馬之助の感想

◎横綱白鵬が
「左大腿四頭筋腱炎(けんえん)、
左足関節ATF損傷

◎横綱鶴竜が
右足関節離断性骨軟骨炎、
前距腓靱帯(じんたい)損傷

◎稀勢の里が
左上腕筋損傷、左大胸筋損傷

で、それぞれ、休場し、日馬富士は、
一人横綱の状態で4敗で優勝なんだから
もし、3横綱が絶好調で出場していたら
7敗だったかも・・・

場合によっては負け越してたかも・・・

でも、優勝できたのは
日馬富士は運のある人なんだわ。

武蔵丸の曙、若乃花、貴ノ浪、魁皇との
5人による優勝決定戦を制した優勝は
値打ちものだったけど・・

記録に残るのは同じ優勝だからね・・
オメデト、日馬富士。
(辛口批評でした・・・)
凡才!馬之助どうぶつ園
にほんブログ村 芸能一般情報
人気ブログランキングへ
楽天リンク