ウサイン・ボルト引退セレモニーINロンドン世界陸上

「泣きそうだった。ファンにさよならを伝えた」
前日の男子400メートルリレー決勝が
現役最後のレースとなったウサイン・ボルト(ジャマイカ)が、
静かにゆっくりトラックを1周し、両手を上げ続けた。
大会最終日の全種目終了後、史上最速のランナーのために
引退式典が開かれた。



現役最後の大会で無冠に終わったボルトは記者会見で

「これまで多くの選手が引退を撤回し、
現役復帰したけど、僕はそうはならない」と断言。

さらに今大会では思うような結果は出せなかったが、

「『モハメド・アリ(ボクシング)だって
最後の5試合は負けた』と友達が話してくれた。
一つの大会で僕がやったことが
変わるとは思わない」と話した。

引退後の生活については

「競技から離れ、少しゆっくりしたい。
次はサッカーをやりたいと思っているけど、
休むのが先だ」
とボルト。

陸上界を揺るがす
ドーピング問題について
考えを問われると

「不正を犯した選手は永久追放するべきだ」
[char no="1" char="馬之助"]あたしも同意見よ。
張本勲や小倉智昭、織田裕二も
ガトリン押しの雰囲気で
張本に至っては、ガトリンが
出場停止の4年間、どんなに苦しかったか、
そんな中でモチベーションをたもち
よく頑張った、とか言っちゃって・・

ガトリンは本人は否定しているけど
ドーピングの疑いがあり出場停止になり
しかもその後もドーピングで停止。
2回目よ。ドーピングで作った筋肉は
そのまま残るらしいわ。

バトミントン賭博に関しては
もう一回だけ、やり直すチャンスを
あげていいのよ。
でも、ドーピングは悪質度が違うわ。

少なくとも、2度目のドーピングの時
永久追放にすべきだったと思うわ。
くそガトリン。[/char]

と持論を展開。

「自分はドーピングなしでも
成し遂げられることを示してきた」

とプライドの一端を示した。(原田公樹)
中日新聞より

馬之助の感想

ボルトは脊髄側弯症らしいわ。
体幹の横ブレを並外れた強靭な肉体と
あらゆる筋肉をトレーニングで強化し、
驚異的な世界新記録を残したのよ。
努力によって作り上げた肉体で
世界新記録を作ったボルトと
2度のドーピングのうわさがくすぶるガトリンを
同列に並べること自体おかしいし、
ガトリンを擁護する奴を軽蔑するわ。
最後のレース、4×100リレーの前に
40分以上恐ろしく寒い場所で
待たされなかったら・・
予選から出ないで
決勝だけ出ていたら・・

10年前のボルトであれば
日本の銅メダルはなかったでしょうね。

10年前のボルトは悪条件下でも
ぐいぐい伸びて
優勝していたから
かつての彼と比べてやはり衰え、
彼自身の名誉を傷つけないタイムで走るには、
もう限界であることをはっきりと知って、
寂しいけど、納得だわね。

人に追いかけられ、必死に走って逃げる悪夢を
見続けたというボルトに

「おつかれさま」「ありがとう」
と伝えたい。
記録にも記憶にも残る
カッコいい最高のアスリートだったわ。
ボルトFB
凡才!馬之助どうぶつ園
にほんブログ村 芸能一般情報
人気ブログランキングへ
楽天リンク

 




おすすめの記事