樹木希林葬儀場に到着した内田裕也

内田裕也は火葬場で
頭蓋骨とあごの骨の中から、
あごの部分の骨を拾いハンカチに入れ、
ポケットに入れてしまったそうよ。




春先には医師から余命宣告を受けており、
娘也哉子さんと夫の本木雅弘には

「今年1年、持つか持たないか。
場合によっては2、3カ月」

と伝えたけれど、内田裕也には
余命について、伝えていなかったそうよ。

「自然に朽ちていく」ことを決めて
葬式をする寺を決めたり、自然に過ごすことを
家族にも望んだそうよ。

内田裕也が亡くなった樹木希林と対面したのは
亡くなった翌日。

「きれいだ…きれいだ。昔から美人だと思っていた」
って言ったんですって。

さらに「ビールをくれ。献杯させてくれ」
と希望し、希林さんが生前、
愛用していたワイングラスでビールを飲み
「天に安らかに召されますように」と
口にしたということよ。

しかし、もし樹木希林が亡くなったのが
30年早かったら、「啓子ありがとう」と
内田裕也が言ってたかどうか・・・

内田裕也はもう78歳。

45年間、樹木希林の稼ぎで生きてきて
娘を生んで、ちゃんと育ててくれたおかげで
内田裕也は今後野垂れ死にしなくて
済んだってことよ。

ヒット曲もなくロック、ロックと叫んでいるだけの
情けない男だけど、ハンサムだったのよ。若いころ。

樹木希林と内田裕也は45年くらいは別居していて
娘の也哉子さんは自分の存在を認めて
貰えてないと思っていたらしいけど
樹木希林が亡くなった後の内田の姿を見て、
「(両親の)純粋な思いの中、生まれてきて良かった」
と漏らしたというから、よかったわ・・・
日刊スポーツ記事参照

凡才!馬之助どうぶつ園
にほんブログ村 芸能一般情報
人気ブログランキングへ
楽天リンク