卓球の国際大会 男子ダブルスで大島・森薗ペアが優勝

卓球の国際大会、
ワールドツアーのグランドファイナルは17日、
カザフスタンのアスタナで各種目の決勝が行われ、
日本勢は男子ダブルスで
23歳の大島祐哉選手と
22歳の森薗政崇選手のペアが
フルゲームの末、
香港のペアに4対3で勝ち、優勝した。
NHKニュースより



グランドファイナルは、
ことしのワールドツアーのポイント
上位の選手が出場する大会。

男子ダブルスでは
ことしの世界選手権で
銀メダルを獲得した
日本の大島選手と森薗選手のペアが
去年に続いて、決勝に進み、
香港のペアと対戦。

フルゲームの末、
ゲームカウント4対3で勝ち、
この大会、2年ぶり
2回目の優勝を果たした。
NHKニュースより

馬之助の感想

グランドファイナルは、
今年のワールドツアーのポイント
上位の選手が出場する大会。

テニスの
ATPワールドツアー・ファイナルに
相当する大会ってことね。

女子ダブルスでは
17歳の伊藤美誠選手と
早田ひな選手のペアが決勝で、
中国の世界ランキング1位と2位のペアと対戦し、
ゲームカウント0対4の
ストレートで敗れ、
力の差を見せつけられたわね。

伊藤美誠・早田ひな組が準優勝 卓球グランドファイナル

男子ペアは香港ぺアには勝てたけど
中国と香港では強さが違う・・かも

やっぱりまだ
中国の壁はそびえたつって感じ・・
決勝まで来るのは超天才ばかりだけど
その中でも中国はとんでもなくすごいわ。
東京五輪では中国に勝ってほしい。
凡才!馬之助どうぶつ園
にほんブログ村 芸能一般情報
人気ブログランキングへ
楽天リンク