「ラテンの女王」の異名で知られた歌手で、1983年(昭58)の映画「楢山節考」(今村昌平監督)にも出演するなど女優としても活躍した、坂本スミ子さんが23日午前3時35分、脳梗塞のため熊本市内の病院で亡くなった。84歳だった。


坂本スミ子さん死去84歳

坂本さんは年明け2日に倒れ、熊本市内の病院に入院。脳梗塞と診断され、すぐ治療を受けたが、回復には至らなかったという。石井は日刊スポーツの取材に「すごく安らかで、眠っているようで、今すぐ起きてきそう。亡くなったことが、まだ信じられないです」と語った。

坂本さんは大阪府出身で、50年代から歌手として活動を始め、1961年(昭36)からNHKで放送がスタートした「夢であいましょう」の主題歌を担当。NHK紅白歌合戦には同年から6回連続で出場。71年には、筒美京平さんが作曲した「夜が明けて」が大ヒットした。

一方、女優としても82年にミュージカル「キャバレー」で文化庁芸術祭優秀賞を受賞。83年の「楢山節考」では、腰が曲がった老女おりん役を好演。同作は世界3大映画差の1つ、カンヌ映画祭で最高賞パルムドールを受賞した。

芸能活動と並行して、1993年(平5)からは熊本市内の聖母幼愛園と聖母幼稚園で園長に就任。3年前に園長職は退いたが、その後も園での仕事は続けていたという。

歌手としては、16年11月21日に都内のブルーノート東京で開催した生誕80周年記念ライブが最後の大きな舞台となったが、その後も小さなライブハウスなどのステージに立つことはあったという。

感想

歌手だけど、あたしが一番印象深かったのは「楢山節考」。前歯を全部抜いて撮影の臨んだそうよ。「楢山節考」は実に胸に迫る映画だった。緒形拳が息子役なのよ。

83歳は今の時代、早いように思うけど、最後まで現役で、ずっと元気で、社会貢献し続けて、いい人生だったと思う。大生だったと思う。人がいなくなるのは悲しいし、寂しい。でもきれいに死ねて羨ましい。
凡才!馬之助どうぶつ園
馬之助の人間万事塞翁が馬よ!人生是修行
にほんブログ村 芸能一般情報
人気ブログランキングへ



おすすめの記事