菅井きん死去

女優の菅井きん(本名佐藤キミ子)さんが10日、
都内で亡くなったことが23日、分かった。
92歳。東京都出身。
必殺仕事人シリーズの名脇役などで活躍した。
菅井さんは長く名脇役としてお茶の間に親しまれたが、
2008年には映画に初主演。
「最高齢映画主演女優」として、
当時、ギネス世界記録に認定された過去を持つ。
デイリースポーツより




菅井さんは「必殺シリーズ」や黒澤明監督作品などで、
名脇役として作品を支えてきたが、
そんな菅井さんが82歳で初の映画主演を務めたのが
「ぼくのおばあちゃん」。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ぼくのおばあちゃん [DVD]
価格:3374円(税込、送料別) (2018/8/24時点)

トップ営業マンが仕事に追われる中、
おばあちゃんの記憶を呼び起こし
家族の絆を取り戻すという作品だった。

完成披露試写会に登場した菅井さんは、
ギネス認定書を手渡されたものの
「ピンと来ないです」と笑顔。
82歳での初主演に
「張り切り過ぎちゃって、抑えるのに苦労した」
と喜びを語っていた。
デイリースポーツより

馬之助の感想

大往生ね。
82歳で主演、92歳でお亡くなりなら
女優とても人間としても
幸せな一生だわ。

菅井きんは憎たらしい意地悪な
婆さん役も上手で
憎々し気な口元が印象的だったわ。

この人の演技は好きで
もう見れないのは残念だけど
92歳まで生きて大往生だから
寂しいけど悲しくはないわ。

凡才!馬之助どうぶつ園
にほんブログ村 芸能一般情報
人気ブログランキングへ