ショーンK

経営コンサルタントの「ショーンK」こと
ショーン・マクアードル川上(50、本名・川上伸一郎)が16日、
「アートオリンピア2019」の開催発表会見に
司会者として出席した。
産経デジタルより画像は週刊文春



「グレーのスーツに
黒ぶち眼鏡をかけて登場したショーンK氏は、
相変わらずのイケメンぶりで
低音ボイスも素敵でした。
ただ、16年3月に学歴や経歴詐称が発覚。
4月からメインMCを務める予定だった
「ユアタイム」(フジテレビ系)をはじめ
6番組すべてを降板して以来、
初めての公式の場にもかかわらず、
謝罪などが一切なかったことについて、
集まった報道陣からは
「反省なしか」という声も出ていました。
「ショーンKと申します」と自身で挨拶していましたが、
「所属事務所は「ショーンK」は「ビジネスネームですので、
これからも使っていきます」とコメント。厚顔無恥としか…」
(ワイドショー関係者)
せめて本名の川上に戻して再出発するか、
顔は出さず声だけの仕事に専念したほうが…。
(zakzak編集部)



馬之助の感想

ショーンKこと川上伸一郎

★ショーン・マクアドル川上
→本名は川上伸一郎

★「父がアメリカと日本の半分、母が日本と台湾の半分」
→純粋な日本生まれ。
DNAは日本かどうかはわからいけど
少なくとも東アジア人。

★「私は、小学校5年生の時にアメリカから日本に来て、
それから日本語を必死で覚えました」
→日本生まれの日本育ち

★アメリカの大学を卒業していると
公言していたけど日本の高卒。

★アメリカの大学はオープン授業を受けただけ

★パリ大学はオープンキャンパスに行っただけ

★世界中にコンサル会社を経営
→実態ナシ・ウソ

4月からの「ユアタイム」に
メインMCで決まっていたけど
これらのウソがばれちゃって
バッシングになり
「ユアタイム」は開始前に降板。

その後、雲隠れしてたけど
平気な顔してまた出てきたわね。

普通の神経だったら恥ずかしくて
出てこれないけど、全く平気。

反省する、しないの問題だけでなく
もうこの人の話は全く信ぴょう性がなく
信じられないわ。

それしても小さな嘘はばれやすいけど
あまりに正々堂々とデカいウソをつかれると
ばれにくいのね。
まさかそなウソをつくはずがないと
思うからね。

クヒオ大佐って堺雅人が主演の映画があったでしょ。
純粋の日本人の爺さんが
「アメリカ空軍パイロットで
カメハメハ大王やエリザベス女王の親類」
と嘘をついて
女を次々騙した結婚詐欺を題材にした
事実に基づいた映画。

1億円以上をだまし取ったというので
なんで騙されるのか不思議だったのよ。
純粋の日本人がエリザベス女王の親類の
わけないでしょ。

ショーンKの登場でその謎が解けたわよ。
あまりに壮大なウソはまさかここまで
ウソをつくわけないとの思い込みで
騙されるんだわ。

日本中がショーンKこと川上君に騙されて
その川上君が平気な顔して出てきたら
日本人の感覚では驚きだわ。

野村沙知代を彷彿とさせる厚顔無恥。
川上くんは思想的には
東アジア人なんでしょうね・・・

凡才!馬之助どうぶつ園
馬之助の人間万事塞翁が馬よ!人生是修行
にほんブログ村 芸能一般情報
人気ブログランキングへ
楽天リンク