岡崎聡子14回目の逮捕

警視庁荻窪署が、覚醒剤を使ったとして、覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで、元五輪体操選手の岡崎聡子容疑者(58)を4月下旬に逮捕していたことが19日、捜査関係者への取材で分かった。


岡崎容疑者は5月に東京地検に覚せい剤取締法違反罪で起訴されている。荻窪署によると、交番に来た際に挙動不審な様子があったため調べたところ、覚醒剤の使用が判明した。15歳でモントリオール五輪に出場し、引退後にはタレント活動などをしていたが、過去に複数回、同法違反容疑などで検挙され、一部では「薬物絡みの事件では少なくとも14回目の逮捕」と報じられている。

岡崎聡子の年表

★1961年1月13日(58歳)

★1976年第21回モントリオールオリンピック代表団体8位、個人総合30位

★1979年ケガで体操界を引退、すぐに中退してタレントに転向

引退後の人生

★1981年、当時同棲していた元恋人から「婚約不履行」で1000万円の慰謝料を請求される。
★相手側から「中絶体験」や「大麻疑惑」を暴露される
★1984年にデザイナーの仕事をしている人と最初の結婚
★「妊婦9カ月ヌード」を披露
★2児をもうけてタレント活動から引退

覚せい剤で転落へ

★1995年4月29日に、オウム事件関連での検問で、自動車を運転中に受けた職務質問にて大麻所持が発覚。大麻取締法違反で夫と逮捕。
・懲役1年6ヶ月、執行猶予3年の判決

★執行猶予期間中の1995年8月3日に覚醒剤所持で逮捕
・懲役1年6ヶ月の実刑判決を受けて服役

★その後も2000年、2005年、2009年にも覚醒剤所持で逮捕され、それぞれ実刑判決を受け服役

★2013年2月15日未明、新宿区の路上において覚醒剤使用容疑にて逮捕、この時は不起訴
・後に情報提供があり、同年9月6日に自宅アパートの家宅捜索を受けて覚醒剤反応のあるストローが発見されたため、同居中の暴力団関係者男性と共に覚醒剤所持容疑で逮捕

★薬物所持容疑で7度目の逮捕とされるが、一部報道によれば、岡崎にはこれら逮捕歴の他に6回の逮捕歴(それぞれ証拠不十分で釈放)があり、2013年9月の逮捕は通算で13回目であるともいう。公判では無罪を主張して争ったが、2014年9月5日に懲役3年6ヶ月の実刑判決

★2019年4月下旬、「物をなくした」と東京都杉並区内の交番を訪れた際、様子がおかしかったため尿検査したところ覚醒剤反応があり、覚醒剤取締法違反(使用)容疑で逮捕され、同年5月に同罪で起訴された[15]。薬物事件での逮捕はこれで通算14回目
以上岡崎聡子Wikipediaより

馬之助の感想

初めて逮捕されて時はオリンピック選手で、しかも可憐で和製コマネチと言われていた岡崎聡子だったから大騒ぎになって、マスコミは連日報道したkど、いまは、あまり報道しないわね。

覚せい剤とかの麻薬はやめられないみたいね。誰か構成するように導いてくれ人、いないのかしら?付き合っている人も悪いことをしそうな人ばっかりみたいだわ。悪い人とつながってなければ、覚せい剤なんて、手に入らないわよ。

これだけ長期間覚せい剤を使用していたら精神が荒廃してるんじゃないかしらん。

体操選手だった頃の岡崎聡子

この人は体操の練習中に上の前歯を折って入れ歯なんですってよ。1回目の逮捕で釈放された後、話してたのを覚えているわ。オリンピック選手になるため、ものすごく努力しただろうに残念なことだわ。まだまだ若いと思っていたけど58歳なのね。更生は非常に厳しいわね。14回目ともなると、もう誰もこの人を信用しないわよ。岡崎聡子の子供たちは大きくなっているだろうけど、気の毒。せめて子供だけはまともに生きてほしいわね。そして、母親岡崎聡子の残りの人生を支えてあげてほしいわね。



https://sakuragasaita.com/
凡才!馬之助どうぶつ園
馬之助の人間万事塞翁が馬よ!人生是修行
にほんブログ村 芸能一般情報
人気ブログランキングへ
楽天リンク
「創 2009年11月号」に岡崎聡子が『役立たぬ女子刑務所の薬物教育』との題で獄中から寄稿した手記が掲載されてます。↓
【中古】創 (つくる) 2009年 11月号 [雑誌]