落語家の三遊亭多歌介さん、コロナで死去

落語家の三遊亭多歌介(たかすけ、本名・栗原史郎)さんが27日、新型コロナウイルス感染症のため死去した。東京都出身、54歳。落語協会が29日に発表した。家族も現在療養中で、通夜・告別式については未定。

落語家の三遊亭多歌介さん、コロナで死去

同門の三遊亭鬼丸(48)は27日深夜にツイッターを更新。「今日三遊亭多歌介兄さんが逝去」と訃報を伝え「ワクチンを否定した兄さんがコロナで。多分当人はコロナで死ぬとは思わず死んだと思う。だから皆さんはワクチンを打ってください。色々反対派がいるのはわかりますが千葉真一さんも打たずに死んでますから」と呼びかけた。

感想

千葉真一も斧落語家もワクチン否定派で、その結果感染して重症化して亡くなったけど、それはこの人たちの考え方であって、周囲に感染を広げないのであれば、勝手だと思う。

ワクチン接種で死んでいる人いるから、接種を拒否する気持ちはわかるから。

しかし家族も現在療養中ということは、ワクチンをしていなかったから一気に家庭内で広がったんでしょうね。気の毒なのは野々村真のように、ワクチンの順番待ちをしていて、9月上旬にやっと回ってくると思っていた矢先に感染して重症化した場合よね。

しかしまた一方、モデルナ製には金属片が混入していて、長い将来に渡ってどうのようにこれが作用するかはまだわからないわ。

恐ろしい難病のひとつに、金属原因説があるからそれを考えると憂鬱になる。多分、スペイン製造の同じ製造ラインのモデルナすべてに異物が混入いていると考えていいんじゃないの?

今後、数十年先に、難病や血液のガンやらが多発するか、しないかは、誰にもわからない。今生き延びてもこの先、死んだほうがましの苦しみが待っているかもしれないし、どうなるかは誰にもわからないのよ。

落語家の三遊亭多歌介さんって知らなかったけど、多分、真面目に落語に精進してきて、下劣なワイドショーや、バラエティーで荒稼ぎをするような人ではなかったんでしょう。

残念なことだけど、ご家族が回復されることと、故人のご冥福を祈ります。

おすすめの記事