さくらももこ死去

「ちびまる子ちゃん」の作者・さくらももこさんが
8月15日午後8時29分、乳がんのため亡くなった。
53歳だった。
27日、さくらプロダクションが公式サイトで発表した。
通夜・告別式は、遺族の意向により
親族・近親者のみにより執り行われたという。
日刊スポーツ新聞社



公式サイトは
「さくらももこは、平成30年8月15日午後8時29分、
乳がんのため永眠いたしました。(享年53)
これまで温かい応援をしてくださったファンの皆様、
お世話になりました関係者の皆様に深く感謝致しますとともに、
ここに謹んでご報告申し上げます」と報告した。

公式サイトはこちらです。

その上で

「さくらは1984年に漫画家としてデビュー。
0周年を迎えた際、次のような言葉があります」

と、さくらさんの生前の言葉をつづった。

「30年間、良い事も大変な事もいっぱいありましたが、
私は作家としてとても幸せな月日を送らせていただいています。
感謝にたえません。」(『さくらももこの世界展』
「デビュー30周年を迎えて」より抜粋)」

そして「作品を描けること、それを楽しんで頂けることを
いつも感謝していました。
これからも皆様に楽しんで頂けることが、
さくらももこと私達の願いであり喜びです」とした。

くらさんは静岡県出身で、代表作は
「ちびまる子ちゃん」「コジコジ」
「神のちからっ子新聞」など。
エッセイや作詞など多岐にわたって活動し、
2015年には集英社グランドジャンプで
「まんが倶楽部」の連載開始。
16年には大好きな郡上八幡のキャラ「GJ8マン」も創作した。
日刊スポーツ

https://www.msn.com/ja-jp/entertainment/celebrity/ちびまる子ちゃん作者さくらももこさん乳がんで死去/ar-BBMuJLc?ocid=spartandhp#page=2

馬之助の感想

スマホに速報がきて驚いた・・・
病気だなんて全く知らなかったし
まだ53歳よ・・・

漫画家って命が短いような気がする・・・
締め切りに追われながら
ずっと一日中座って毎日書き続け
ネタ、ストーリーを考え続け、
莫大なお金が入ってきても
遊ぶ時間もなくひたすら書く毎日でしょ。
手塚治虫も60歳で亡くなってしまったし・・・

名探偵コナンの作者、作者の青山剛昌さんも
しばらく病気療養で休んでいたし・・

憧れの職業ではあるけど
ものすごくストレスフルなんだわね・・・

オフィシャルブログ、最後の投稿は7月2日。
W杯で日本が決勝トーナメントに
出場が決まったことを書いてるわ・・

まさかこのひと月半後に亡くなってしまうなんて
誰も思わないわね・・

作者がいなくなっても作品は残り
ちびまる子ちゃんは
永遠にみんなが愛し続けると思うわ。

人が亡くなるって寂しいし悲しい・・

ご冥福をお祈りします。
凡才!馬之助どうぶつ園
にほんブログ村 芸能一般情報
人気ブログランキングへ
楽天リンク