競泳・ジャパンオープン 最終日(7日、東京アクアティクスセンター)女子50メートル自由形は白血病からの完全復活を目指す池江璃花子(20)=ルネサンス=が24秒91で2位。実戦復帰後4戦目で初めて表彰台に立った。


タイムが急激に伸びている要因については

「食事の管理を最近、特に重視するようになった」と明かす。

「なるべく全部食べる、とかおかわりをする、とか。そういう細かいところから体重を増やしていった」と振り返る。

白血病で体重は15キロ落ちたが「5キロちょっとくらいは戻ってきてはいる」と話した。

ジャパンオープンの舞台に戻り、好タイムを出した予選後には涙を流した。3年ぶりにこの舞台に戻ってこられたことが何よりうれしかったのが一番」と実感を込めていた。

画像

池江里佳子白血病から2年で表彰台2

池江里佳子白血病から2年で表彰台

感想

今から2年前

当時、2020年東京オリンピック金メダル確実と言われてた池江璃花子選手の白血病公表は衝撃だった。

オリンピック担当の大臣が金メダルが取れると思っていたのに残念だという趣旨の発言をし、顰蹙を買う中、池江選手のお祖母ちゃんが、金メダルなんかどうでもいい、生きてほしいと言って涙しているのが印象的だった。

宇野昌磨選手は外見は小室圭に似ているのに中身は誠実でいい子だわ。

体重が15キロ減ったというのだから闘病の厳しさがわかる。

退院しよかったと思ったけど、水は細菌が多いから、また競泳をしたら危険なんじゃないかと思ってたのよ。元気になって表彰台に立つほどに記録ば戻り、ホントに凄い。よかった。

でも無理をしないで頑張ってほしい。

凡才!馬之助どうぶつ園
馬之助の人間万事塞翁が馬よ!人生是修行
にほんブログ村 芸能一般情報
人気ブログランキングへ



おすすめの記事