大坂なおみ東レパンパシフィック

全米オープン女王で世界7位、第3シードの大坂なおみ(20=日清食品)が、凱旋試合でストレート勝ちし、8強入りした。14年全豪オープン準優勝で同30位のドミニカ・チブルコバ(29=スロバキア)を6-2、6-1で破った。3ゲームを失ったのみで、相手を寄せ付けなかった。第2セットは、第2ゲームから6ゲームを連取し、わずか59分で試合を終えた。試合後は「こんばんわ。今日の試合見に来て(くれて)ありがとうございます」と日本語で話し笑顔を見せた。観客から立ち上がって拍手を浴びた大坂は「ちょっと恥ずかしい」とはにかんだ。16年に準優勝している大坂が初優勝へ好スタートをきった。準々決勝は第8シードで世界ランキング25位バルボラ・ストリコバ(チェコ)-同27位アネット・コンタベイト(エストニア)の勝者と対戦する。日刊スポーツより



馬之助の感想

日刊スポーツ大坂なおみスコア

大坂なおみ東レパンパシフィック1回戦スコア
第1セット第1ゲーム、しょっぱなからがいきなりブレーク。
対戦相手のドミニカ・チブルコバは
結婚してしばらく休んだから
ランキングが30位にまで下がったけど
元4位、2014年全豪オープン準優勝者だから
強敵なんだけど、あっさり勝つんだから
大坂なおみの力は本物ね。

全米オープンで優勝直後の試合だから
注目が集まり、負けるわけにいかないので
緊張するんじゃないかと思ったけど
さすが、セリーナとの決勝を勝ち抜いただけの
精神力だわ。圧勝だわね。

大坂なおみの祖父は根室の大物

今週号の週刊新潮に大坂なおみちゃんの祖父と
お母さんの関係など書いてたわよ。

おかあさん方のおじいちゃんは
根室漁協の組合長。
約130坪の豪邸は「サケ御殿」といわれ、
サケマス漁の対ロシア交渉に携わるなど、
長者番付に名前を連ねたこともある子元の大立者。

お母さんは見合いをしろと言われたけど
なおみちゃんのお父さん、レオナルド・フランソワ氏と
結婚したいとうちあけると大反対され、
なおみちゃんが生まれる前にお父さんお母さんは
大阪に移り住み、そこの姉妹が生まれたということなど、
書いているんだけど・・・

なおみちゃんのお父さんがハイチ人であることで
おじいちゃんは結婚に大反対だったけど
それはしかたのないことなのよ。
そういう時代だったのよ。

スペンサー・トレイシーとキャサリン・ヘップバーンの
「招かざる客」という映画、あるんだけど
黒人青年と白人女性の結婚を巡るおはなしで
最後はきれいごとで終わるんだけど

なおみちゃんのお祖父ちゃんの気持ち、
わからなくはないわよ。

お祖父ちゃんのお兄さん、
なおみちゃんの伯父さんに当たる人が
今どきナニ人でも肌の色がどうのこうのは
時代遅れだと進言してくれて
なおみちゃんが12歳くらいから
日本での試合を応援しにくるように
なったらしいわ。

やっぱり孫はかわいいし、
特に大坂まり、なおみの姉妹はかわいいわ。

それとレオナルド・フランソワさんが
日本語を話している映像を見たけど
頭のいい人でお母さんが好きになったのを
理解できるるし、レオナルド・フランソワさんの
遺伝子があったからこそ、全米で優勝できたんだわ。

なおみちゃんが活躍することで
すべてがいい方向に行くのだから
これから先、ガンガン頑張って。

東京オリンピックで金メダルを取ったら
お祖父ちゃん、どれほど喜ぶか!ともうわよ。
それとハイチの親せきの人たちも
ハイチからこんな大物が出たと大喜びでしょ。

両親が違う国ってなかなかいいものね。
凡才!馬之助どうぶつ園
にほんブログ村 芸能一般情報
人気ブログランキングへ
楽天リンク