落合博満氏の長男福嗣が声優アワード新人男優賞

元中日監督の落合博満氏(65)の長男で声優の落合福嗣(31)が“声優界のアカデミー賞”第13回声優アワードで新人男優賞を受賞した。



落合は父ともども「機動戦士ガンダム」のファンなどアニメ、ゲーム好きとして知られ、国士舘大学21世紀アジア学部などを経て、10年にはゲーム「龍が如く4」で自らをモデルにした格闘家役の声を演じた。

その後、本格的に声優の勉強をするためアミューズメントメディア総合学院東京校声優タレント学科に入り2年、学んだ。そして15年4月に大手声優事務所の青二プロダクションのオーディションに合格。

同年に声優の浅野真澄が、あさのますみ名義で原作を務め、「ハヤテのごとく!」で知られる漫画家で、浅野の夫の畑健二郎氏が作画を担当した漫画のアニメ化作品「それが声優!」で地上波のアニメに初出演。それが実質的な声優デビューとなった。

声優として、受賞対象年度となった18年は進境が著しかった。テレビ朝日系で放送された人気シリーズ第15弾「HUGっと! プリキュア」(日曜午前8時半)で、プリキュアの敵「クライアス社」のチャラリートを演じた。さらにBSスカパー!で1年にわたり2シーズン、24話放送された、プロ野球漫画をアニメ化した「グラゼニ」で、主人公の凡田夏之介を演じた。実写化すれば自らが演じた方が良いと評判を呼ぶほどの当たり役をつかんだ。

15年にはTBS系「新・情報7day’sニュースキャスター」のナレーションを務めたり、18年のTBS系日曜劇場「下町ロケット」では佃製作所のライバルとなる大企業・帝国重工の社員・田辺海斗を演じ、個性派俳優の道への期待も高まっている。

父は82年、85年、86年と3冠王3回、右打者のパ・リーグ記録となる5度の首位打者、史上初めて両リーグを制しての本塁打王、打点王それぞれ5回、MVP2回、ベストナイン10回など、輝かしいタイトルを誇る。偉大な父を持つ落合が、声優の道を進み始めて4年で初のタイトルをつかみ取った。日刊スポーツ

馬之助の感想

落合博満の一人息子福嗣くんは物心つく前から父親が偉大だから、周囲にちやほやされて、取材に来るマスコミに対しても傍若無人な態度をとることで有名で、この先、この子は一体どうなるんだろうと思ったことがあるのよ。

甘やかされている子供の典型のデブ。白ブタ。

やがて大きく育ち、

楽天リンク

フクシ伝説 うちのとーちゃんは三冠王だぞ! /落合福嗣【著】が発売された時、この表紙に圧倒されたわ。相撲部屋かと思ったわよ。

とうちゃんの偉業を威張っているうちはこの子はダメだわ‥と思っていたら、父親のコネ、母親の関係へお願いしまくりもあっただろうけど、地道に声優の勉強した結果、声優の賞を貰えて、どうにか身を立てて生きていくことが出来るようになったわね。両親ともに高齢だし、親亡きあと、どうやって生きていくかを心配しつづけていた思うけど、やっと声優で食べていけるわね。

◆落合福嗣(おちあい・ふくし)1987年(昭62)8月20日、名古屋市生まれ。国士舘大卒。94年に父とテレビ朝日系時代劇「桃太郎侍」出演。10年にはゲーム「龍が如く4」に出演した。13年にはグループNOAHのメンバーとしてテレビドラマ「猫侍」の主題歌「我が道よ」でCDデビュー。10年10月に山口県出身の一般女性と結婚。14年1月に長女、16年6月には次女が誕生し2児の父となった。日刊スポーツ

テレビドラマドラマに出してもらったり、ドラマの主題歌を歌わせてもらったり、親の七光りは大きいわね。2010年に結婚した時、親の財産があるので何とか生きていくんだろうけど、大丈夫?と思う間もなく子供が次々生まれ、ますます大丈夫?と思ったのよ。

でも、親が有名人の二世の中には麻薬におぼれたり、不埒な奴がいる中で、地道によく頑張ったわ。お金は親がどっさり残してくれると思うので、大きなことをしようとは思わないで、地道に頑張って頂戴。やっと親孝行ができたわね。母ちゃん、泣いて喜んでいると思うわ。
凡才!馬之助どうぶつ園
馬之助の人間万事塞翁が馬よ!人生是修行
にほんブログ村 芸能一般情報
人気ブログランキングへ