錦織圭全米オープン1回戦完勝

第21シードで世界ランキング19位の錦織圭(28)が
1回戦で同49位のマクシミリアン・マルテラー(ドイツ)を
6-2、6-2、6-3で下した。
相手にブレークポイントを1度も許さない完勝に
「完璧な内容」と満足そうな表情を見せた。

2回戦では同39位の
ガエル・モンフィス(31=フランス)と対戦する。
日刊スポーツより




錦織圭2018全米オープン対戦結果

全米オープン前哨戦で調子が悪かったので
まさか1回戦負けはないと思いつつも
心配していたのよ。
楽勝でホント、よかった。

観月あこの顔がちらつき、
腹は立つけど
錦織くんが負けたら悲しい。

初戦突破出来てよかった。
2回戦も勝ってほしい。

3回戦はどうなるかはわからないけど
2回戦も体力温存できるように
早い試合で決めて3回戦も勝てたら
今年はこれでヨシと思うのよ。

ケガから復帰して苦しい1年だったけど
来年に繋がる試合になってきたわね。

大坂なおみも初戦を突破。

大坂なおみ全米オープン初戦突破

大坂なおみはいつのまにか
世界ランキング19位に上がってきているわ。
次は予選勝者で同162位のイスラエルの選手。

1回戦は勝って当たり前なのか?
こうやすやすと勝ったら
1回戦は簡単なの?と勘違いしそうだけど

世界91位の杉田祐一
第26シードのリシャール・ガスケ(フランス)に
3-6、1-6、3-6で敗れ、

ダニエル太郎(エイブル)は
アレックス・デミノー(オーストラリア)に
0-6、1-6、2-6で完敗。

世界ランキング99位の奈良くるみ
第15シードのエリーズ・メルテンス(ベルギー)に
2-6、7-6、5-7で敗れ、
6年連続の初戦突破が出来ない。

奈良くるみはもうあとちょっと。
ちょっとの差なんだけど。
その差が力の差、なのかもね・・・

ランキングの下の選手は初戦で
シード選手にあてられるから
ここで勝ち上がった人だけが
ランキングを上げて、シードをもらい
1回戦突破しやすくなるという仕組みね。

しかしグランドスラムは
本選に進んでいるだけでエリートなのよね。

ダニエル太郎をおちょくったことがあるけど
この人も杉田祐一も奈良くるみも天才。

でも天才集団の中では
普通の人になってしまうのよ。

錦織君のようにテニス界の中で
収入が第3位ってのは
イチローと肩を並べる天才で
この先50年はこんな選手、
出てこないと思う。

ここまで天才でもグランドスラムでは
優勝できない。

上には上がいるからね・・・
でも
最後まで頑張って。

凡才!馬之助どうぶつ園
にほんブログ村 芸能一般情報
人気ブログランキングへ