錦織圭マスターズ・モンテカルロ大会初戦敗退

男子テニスのマスターズ・モンテカルロ大会は17日、モナコのモンテカルロで行われ、昨年準優勝で第5シードの錦織圭(日清食品)は初戦のシングルス2回戦で世界ランキング49位のピエールユーグ・エルベール(フランス)に5-7、4-6で敗れた。世界ランキング6位の錦織は全仏オープンに向け、同じクレーコートの今季初戦だった。マスターズは四大大会に次ぐ格付け。(共同)



錦織圭の話
「思うようにボールをコントロールできず、ミスが多くなった。それが(負けた)一番の原因だと思う。もったいないショットもあったので、そういうところを直せばまた調子は戻ってくる」

馬之助の感想

ピエールユーグ・エルベールは28歳だから年齢的にほぼ同じ。錦織くんは10度のブレークポイントをものにできなかったのだから、この試合に関してはピエールユーグ・エルベールの方が巧みだったってことだわね。

錦織くんのような上位選手は対策を練られているので、下位の選手でも調子の悪い時には負けちゃうのよね。

ことしこそ、マスターズ初優勝と思ってたけど残念でしたあ。

でも今年は始まったばかり。なぜボールをうまくコントロールできずミスにつながったのか、錦織くんの問題なのか、相手が思うような試合をさせてくれなかったのかなど、きっちり分析していると思うので、次に繋がっていいくと思う。

35歳まで現役を続けるとしてそれまで、1回でいい。4大大会で優勝させてあげたい、なんて書き方をしたら上から目線になるけど、これは日本人の悲願よ。日本人男子が誰も見ることのできなった頂上を錦織くんには見てほしい!
凡才!馬之助どうぶつ園
馬之助の人間万事塞翁が馬よ!人生是修行
にほんブログ村 芸能一般情報
人気ブログランキングへ
楽天リンク