ネイサン・チェン、羽生結弦、ヴィンセント・ゾウ

【3月24日 AFP】フィギュアスケート世界選手権(ISU World Figure Skating Championships 2019)は23日、さいたまスーパーアリーナ(Saitama Super Arena)で男子フリースケーティング(FS)が行われ、驚異的な演技を披露したネイサン・チェン(Nathan Chen、米国)が羽生結弦(Yuzuru Hanyu)を抑えて大会連覇を果たした。



前日のショートプログラム(SP)でも圧巻の滑りを見せたチェンは、先に滑った羽生が合計で世界最高点を記録したのにも動じず216.02点をマークし、合計323.42点ですぐさま羽生の記録を更新して優勝した。チェンは「夢のような気分。最高の大会になったし、これだけの大会にできたことを誇らしく思う」と話した。

一方、平昌冬季五輪の金メダリストである羽生は、昨年12月の全日本選手権(Japan Figure Skating Championships 2018)欠場などにつながった足首のけがから今大会で復帰。SP3位からの巻き返しを図ったこの日は、いつも持ち歩いている「くまのプーさん(Winnie-the-Pooh)」のぬいぐるみを優しくつかむと、耳をつんざくような歓声の中氷上に立った。
 そしてコンビネーションジャンプも成功させて206.10点を獲得し、現行ルールでは初の300点超えとなる300.97点を記録すると、熱烈なファンが投げ込むぬいぐるみの雨の中、ガッツポーズをつくってジャッジの方へ力強い視線を投げた。

馬之助馬之助

羽生君はこの時点で勝ったと思ったんだと思う・・。しかし、ケガからの復帰戦だからと思うけど、ジャンプにいつもの美しさがなかった。どうにか転倒せずに持ち堪えたというのもあったし・・。オリンピックでも、フリーではジャンプの失敗があったけど、他の選手が失敗をしたので金メダルになったということも言えるので、ネイサン・チェンがジャンプの失敗を繰り返さない限り、勝てないと思ったわよ。


しかし氷の血が流れるチェンは、難なく成功させた4回転、3回転のトーループのコンビネーション含めて4本の4回転ジャンプを跳び、216.02点で羽生の得点を上回った。3回目の世界王者を逃した羽生は、悔しさを隠そうとせず「負けた! くそー」と言いながら控室へ向かい、途中でチェンのフリーが流れているモニターの前で立ち止まると、演技を見つめながら「かっこいい。あれじゃ勝てない」と続けた。
馬之助馬之助

ネイサン・チェンの演技は完璧だったと思うわ。


その後、落ち着きを取り戻した羽生は「正直に言って、自分にとって負けは死も同然。ただ、きょうは実力不足を認めなければいけない」「フィギュアは2日間の結果で決まるが、今回は良い演技をそろえられなかった。望んでいた結果ではなかったが、彼のような選手がいるからこそ、もっと強くなって勝ちたい」と客観的に振り返った。

米国のヴィンセント・ゾウ(Vincent Zhou)が優雅な演技で合計281.16点を獲得し、3位に入ったことで、男子では1996年大会以来久しぶりに米国選手2人が表彰台入りを果たした。平昌銀メダリストの宇野昌磨(Shoma Uno)は最初の4回転ジャンプ2本に失敗し、合計270.32点で4位だった。

馬之助の感想

昨日の世界選手権で、羽生くんに300点超えが出たけど、正直、ちょっと点数出すぎの感じがしたわよ。羽生君のコーチはキム・ヨナと同じ人で、なぜかあの人の弟子は異様な高得点が出るのよ。

ネイサン・チェンがもし、1回でもジャンプをミスしたら羽生くんの逆点だなって思ってテレビを見てたんだけど、羽生くんよりずっとネイサン・チェンのジャンプは素晴らしかったわ。

もしこれで羽生くんが逆転したらフィギュアスケート審判に正義はないと思ったけど、正しい判定でよかったと思うわ。

ネイサン・チェンは平昌オリンピックで、SPで大失敗して大きく出遅れ、ソチの真央ちゃん状態となってしまって、フリー単体の得点はトップだったけど、総合6位で終わったのよ。

平昌オリンピックの演技、SPとフリーが続けて見れるので見て頂戴。

SPで失敗してなかったら、この子が金メダルだったと思う。

羽生くんは負けず嫌いだから、さらに練習をすると思うので、次のシーズンが楽しみだわ。4回転半が見れるかも。

世界選手権金銀銅は三人とも、アジア人。こんな時代が来るとは思わなかったわ。



https://sakuragasaita.com/
凡才!馬之助どうぶつ園
馬之助の人間万事塞翁が馬よ!人生是修行
にほんブログ村 芸能一般情報
人気ブログランキングへ
楽天リンク