主将として決意表明する小平奈緒

2月9日に韓国で開幕する
平昌五輪に出場する日本選手団の結団式、
壮行会が24、大田区総合体育館で行われた。

選手団の主将を務める
スピードスケート女子の
金メダル最有力候補・小平奈緒(31)=相沢病院=は、

「日本中、さらには世界へ、
勇気と感動を届け、
未来への希望となれるように
チームジャパン一丸で頑張ります」

と、決意表明した。
大学時代の同級生で、
ソチ五輪でともに戦った
住吉都さんの突然の訃報が、
日本スケート界に衝撃を与える中、
悲しみを胸に、
夢舞台で戦い抜く覚悟を示した。
デイリースポーツ


すべての式が終了した後、
小平は住吉さんへの思いを語った。

住吉都

「大学4年間、一緒にやってきた。
1番近くで一緒にやってきた仲間が
こういった形になってしまい、
私自身信じられない思いがあります」と、涙。

「本当に信州大の入試の時から
思いきりがよくて、
私なんかは
『落ちたら人生が決まっちゃう』って
緊張してたけど、
『やるしかない』って、
住吉は言ってました。

お互いに入学できて、
1番近くで高め合いながら、
スケートを極めてこれた」
と、思い出を語った。

年明けに食事をしたことも明かし

「その時もすごく前向きで、
私から何かスケートのことを
学ぼうとしていた。
すごくニコニコしながら、
話を聞いてくれた。
すごく前向きな話ができたことを
思い出します」
と、振り返った。

前日に住吉さんに
お別れを告げてきたという。

「私が住吉から学んだのは、
すごくスケートに一生懸命な姿。
その姿が頭から離れない。
住吉の分の人生を
生きることはできないですけど、
ご家族から
『都の分までスケートを頑張って』
と言ってもらった。
平昌五輪でしっかりと
自分の力を出して、
スケートが好きな気持ちを
皆さんにみてもらいたい」
と、改めて決意を語った。
デイリースポーツより

馬之助の感想

住吉都さんが突然亡くなったことで
あたしは、小平選手が悲しみで
動揺しているのではないかと
心配していたのよ。

五輪選手結団式の前日に
住吉さんに
お別れを告げてきて、
ご家族から
『都の分までスケートを頑張って』
と、言ってもらえてよかった・・・
小平選手はじめ、すべての選手は
力を出しきって頑張って。

住吉都さんは天国では穏やかに
幸せであることを祈るわ。
可哀そうでたまらない・・・
ご冥福をお祈ります。
凡才!馬之助どうぶつ園
にほんブログ村 芸能一般情報
人気ブログランキングへ
楽天リンク