14歳の張本智和が史上最年少V ワールドツアー初制覇

「卓球・ワールドツアー・チェコオープン」
(27日、オロモウツ)
 男子シングルス決勝が行われ、
世界ランク20位の14歳、張本智和
(エリートアカデミー)が、
元世界ランク1位のティモ・ボル(ドイツ)を
4-2で破り、
史上最年少でのワールドツアー制覇を果たした。



張本は5~6月に
デュッセルドルフで行われた世界選手権で、
史上最年少の13歳で8強入り。
上半期を終えた時には
「次は世界ランク一桁を狙いたい。
一大会だけ爆発するのではなく、
毎回ベスト8以上に入って、
まずは1回優勝できるように頑張る」
と話していた。
念願のワールドツアー初タイトルを手にし、
早くも1つ目標を達成した。
デイリースポーツより

馬之助の感想

ポイントが入れば

チョレイ!

と、叫ぶ少年ね!
快挙だわ!
この少年の両親は中国人。

大陸出身の中国人。

日本で暮らし、日本で卓球教室を開き
日本人の子に卓球を教えてて
すごく感じのいいお母さんだけど、
打倒中国で日本は頑張ってるのに・・
張本少年の血筋が中国人だから
結局は中国人でなきゃ勝てない
ってことになると
悔しいのよ。

でもまあ、そんなこと言ってたら
今の時代、遅れているかもね。

シンガポールはじめ、世界中に
元中国の選手がいて
中国では代表になれないので
他の国からオリンピックに出てくるわ。

ケンブリッジ・飛鳥がリオのリレーで
ボルトと並んだ最後の直線、
必死に応援したわよ。

彼のお父さんはジャマイカ人で
彼の超優秀な筋肉は父親譲りだろうけど、
そんなこと関係なく応援したわ。

張本少年は日本大好き少年で
打倒中国で頑張ってるって
インタビューで言ってたのを見たことあるわ。
彼の両親は世界に勝つ卓球を
日本人に教えてくれてるんだから
それでヨシとするわ。

6月の世界卓球では
水谷隼選手に勝ったんだけど
張本少年がまだもっと
小さい子供だった頃、
水谷選手にいろんな技を教えてらったり
アドバイスをもらってたのよ。

日本の卓球は教育システムが確立してから
ちゃんと次の世代が育って
開花しだしたわ!
張本くんは遠征に
水谷カレーを、持っていきなさい。
水谷選手自身が持って行って食べてるって。
楽天リンク

 

伊藤美誠(左)と早田ひな
ついでと言っては何だけど、
女子ダブルスでは伊藤美誠(スターツ)、
早田ひな(福岡・希望が丘高)が
結成約半年でワールドツアー初優勝を
飾ったんですって。
東京オリンピックでは
たくさんの日の丸が上がり
日本国歌が聞けそうで超うれしい~
凡才!馬之助どうぶつ園
にほんブログ村 芸能一般情報
人気ブログランキングへ