水谷隼選手世界選手権次が最後
出典:https://www.daily.co.jp/general/2019/04/13/0012238430.shtml

卓球の世界選手権(21日開幕、ブダペスト)に出場する日本代表が13日、都内で会見を行った。男子代表でリオデジャネイロ五輪シングルス銅メダルの水谷隼(29)=木下グループ=は「世界選手権の個人戦は今回が最後になると思うので、悔いのない試合をしたい」と、自身8度目の大舞台を“世界卓球ラストマッチ”と位置づけた。



水谷は2020年東京五輪を集大成と位置づけており、史上最多10度目の優勝を達成した全日本選手権も今年をもって“引退”と表明している。

世界選手権は近年、1年ごとに個人戦と団体戦が交互に行われており、来年3月には団体戦(釜山)が行われるが、「現役は東京五輪に出場すればそこで終わりだと思っている。五輪に出られなければそこで終わりだし、(世界選手権)個人戦は今回が最後です」と明言した。

水谷は最近目の異変を訴えており、会場の照明やLED広告がボールに重なって見えづらいことを告白している。「会場にもよるが、かなり厳しい状況。海外の大会で暗い会場だとほとんどボールが見えない」と明かし、「自分が先手を取れる相手なら、ある程度(コースや回転を)予測できるが、強い相手とか前陣速攻の選手が相手だと厳しい」と吐露。

世界選手権でも、Tリーグなどで試したサングラスを使用する方向で、「ないよりはあった方がいい。多少パフォーマンスは良くなると思う」と万全を期す考えを示した。

28日に閉幕する今大会を最後に5月からは新元号「令和」に変わる。平成元年生まれの水谷は、「平成の卓球界に自分の名前を残せたと思うので、令和でも少しは自分の名前を残したい」と、東京五輪に向けて最後の輝きを放つことを誓った。

馬之助の感想

水谷選手がサングラスをかけて試合をしているのがネットで話題になり、なんでこんなへんてこなサングラスを掛けているのかしら?と思ったら、目に異変が起こっていて、会場の照明やLED広告がボールに重なって、ボールがどこにあるか見えないんだそうよ。

水谷選手の目の異変はテレビでも大きく報道されたので、みんなが知ることろとなったけど、そんな状態で日本選手権で優勝したことに驚いたのよね。

しかし世界選手権の個人戦は最後となると明言し、2020年東京五輪が集大成であり、男子卓球界を大きく発展させた水谷選手の引退がついに数年先に見えてきてしまったわ。

卓球選手は動体視力が衰えたら終わりだからと、小山ちれ選手はテレビも見ないし、本も読まないというふうに、動体視力を衰え成せないために現役時代、人生の楽しみの多くを犠牲にしてきたみたいよ。

世界選手権までに目の具合はよくなることを心から祈っているわ。卓球の愛ちゃんと水谷選手がいたので、次々後輩が育ってきて、日本の卓球はすごく面白くなった。東京オリンピックではまたメダルを!目が良くなることを、悪化しないことを心から祈っているわ。



https://sakuragasaita.com/
凡才!馬之助どうぶつ園
馬之助の人間万事塞翁が馬よ!人生是修行
にほんブログ村 芸能一般情報
人気ブログランキングへ
楽天リンク