コカイン使用で逮捕されたピエール瀧容疑者の「いだてん」代役が決まったって。三宅弘城

いだてん代役三宅弘城

コカインを摂取したとして麻薬取締法違反の疑いで逮捕されたテクノユニット「電気グルーヴ」のメンバーで、俳優のピエール瀧(本名・瀧正則)容疑者(51)が出演していたNHK大河ドラマ「いだてん」(日曜・後8時)で、瀧容疑者の代役が俳優の三宅弘城(51)に決定したことが18日、分かった。後日、正式に発表される。



「いだてん」で瀧容疑者は、主人公の陸上選手・金栗四三(中村勘九郎)が信頼を置く足袋店「播磨屋」の店主・黒坂辛作を演じていた。すでに6月放送回まで撮影は進んでいたが、瀧容疑者はストーリー上、重要な役どころで、出演シーンをすべてカットして対応するのは困難であることから、制作陣は代役で撮り直すことを決断。今後は編集作業と並行しながら、三宅で新たに撮影したシーンに差し替えていくことになりそうだ。

馬之助馬之助

ピエール瀧はNHK大河の重要な役どころをゲットしながら、コカイン逮捕ですべてパ~ね。バカね。

三宅は、人気劇団「ナイロン100℃」の看板俳優で、「いだてん」の脚本を手がける宮藤官九郎氏(48)と同じ「大人計画」に所属。ロックバンド「グループ魂」のドラム担当としても知られる。NHKでは15年後期の連続テレビ小説「あさが来た」で、ヒロイン・あさ(波瑠)が嫁ぐ両替商「加野屋」の中番頭・亀助役を好演。Eテレの幼児向け番組「みいつけた!」にも出演中だ。

馬之助馬之助

いろんなところに出ている脇役で、名前は出てこないけど、顔は知っているって部類の俳優だった・・。


三宅は2010年にも、劇団☆新感線舞台「鋼鉄番長」の主演俳優・橋本じゅん(55)が公演中に腰部脊柱管狭窄(きょうさく)症を発症したことを受け、代役を務めたことがある。激しいアクションなどが盛り込まれる難しい役だったが、約10日間の稽古で上演を再開。完璧に主役を務め上げ、公演を救った。演技の確かな実力に加え、宮藤氏との信頼関係も厚いことから白羽の矢が立ったとみられる。
馬之助馬之助

突然の代役を務められるってのは、かなりの実力の持ち主ってことだわね。


◆三宅 弘城(みやけ・ひろき)1968年1月14日、神奈川県生まれ。51歳。88年、劇団「健康」のオーディションに合格し、93年「ナイロン100℃」の旗揚げに参加。2011年の主演舞台「鎌塚氏、放り投げる」が好評となりシリーズ化された。「グループ魂」では「石鹸(せっけん)」を名乗りドラムを担当。大河ドラマは「新選組!」(04年)「篤姫」(08)に続き3作目。学生時代は器械体操部に所属し、バック転も得意。スポーツ報知

馬之助の感想

ピエール瀧の自宅や静岡の実家周辺での評判がすこぶるいいらしく、精神的に弱くて薬物を断てなかったのかもしれないけど、影響は大きいわね。

特にNHK大河が1作の製作費が莫大だってことはあたしが子供の頃から言われていて、それを撮りなおすとなると、費用が半端ないでしょうね。

執行猶予が出て刑務所入りはないだろうけど、釈放後、さらに地獄だろうと思う・・・それでなくてもウツだろうに、禁断症状が加わり、金銭的な責任もかかってくるからね。

今回、代役をする三宅弘城って、顔は見たことあるけど、名前は初めて知ったわ。いろんなドラマに脇で出ているだけの印象だったけど、すぐ舞台の代役が出来たり、運動神経が抜群なんて初めて知ったわ。

人の不幸を足掛かりにと思われるのは不本意だろうけど、大河で重要な役どころをやって、飛躍のチャンス、頑張って頂戴。

一方、ピエール瀧は誰も被害者がいないと言っても、最終的にはお金が反社会勢力に流れるのだから、責任は重いわ。

しかし罪を償い、体から薬物を抜き、健全になって、また戻ってきてほしい。所属事務所が契約打ち切りにしていないということは、可能性があるってことよ。事務所も世間の、彼にもう一度、戻ってきてほしいという雰囲気を察しているのだと思わ。普通の社会では一度でも、麻薬で逮捕されたら、もう再起不能なんだけど、ピエール瀧だけはみんな、また彼のパフォーマンスを見たいと思っているのよ。人生出直しして頂戴。
凡才!馬之助どうぶつ園
馬之助の人間万事塞翁が馬よ!人生是修行
にほんブログ村 芸能一般情報
人気ブログランキングへ
楽天リンク