マコーレー・カルキンは実父から虐待を受けていた

映画『ホームアローン』で大ブレイクしたものの、
その後姿を消してしまったマコーレー・カルキン。
父親から虐待を受けていたことを明らかにした。




1990年、10歳のときに映画『ホームアローン』で
一躍人気子役になったマコーレー・カルキン。
最近出演したポッドキャスト「WTF」で当時マネージャーを務めていた
実の父親キット・カルキンから虐待を受けていたことを語った。

「彼は悪い奴だった。虐待をされたんだ。
精神的にも肉体的にもだ。
もし見せられるなら君たちに傷跡も見せられるよ」
とコメント。

「うまく演技をしなかったら殴る」と
脅されたこともあったと明らかにした。

1994年、映画『リッチー・リッチ』で
映画界から離れてしまったマコーレー。
当時、マコーレーの両親は離婚裁判中だった。
マコーレーの財産が争いの原因だったことから
「解決するまで仕事はしない」と宣言し、事実上の引退生活へ。

今回のポッドキャストでマコーレーは
「業界から離れられたから離婚は最高の出来事だった」と
痛烈なコメントも。

両親にも仕事にもうんざりしていたことを明らかに。
「『もう僕はやめるから。
君たちが自分でお金を稼げることを祈っているよ。
僕の収入はもうなくなるから』って感じだった」とも。

2003年に映画『パーティ★モンスター』でカムバックするまで
約10年の空白期間を過ごしたマコーレー。
父の虐待がなかったら違うキャリアを築いていたかも……と思うと、
本当に罪深い。
text: Yoko Nagasaka

馬之助の感想

マコーレー・カルキンが映画に出ていた子供の頃から
両親は子供たちを金ずるにして無理やり働かせ、
親たちは贅沢三昧して、お金の分配で争っていると
報道されていたわ。

殴ったり怒鳴ったりしていると思ってたわ。
当時の報道でも、普通の親ではない感じだったから。

貧乏人が子供たちのおかげで突然
大金が入ってきて舞い上がって
学校に行かせないで、撮影ばかりさせていたのよ。

マコーレー・カルキンと父親

当時まだ子供だった頃のマコーレー・カルキン。

子供は親の言いなりになるしかないからね。
子役の親って概してこういうのが多いのよ。
全てではないだろうけど。

映画『リッチー・リッチ』のあと全く映画に出なくなって
引退状態になったけど、まだ当時少年だったと思う。

でも、学校通ってなかったし
さあ、これからは地道に学校で勉強しましょう
という気には、なれなかったと思うわよ。

その後マスコミで取り上げられる話題は
麻薬中毒ではないかとかと大きく書かれて
その下に
ラリったボーっとした生気のない写真が
掲載されているのよ。

ハリウッドの子役の末路の典型の姿に
才能のある子を潰した親に憎しみで一杯になったわよ。

しかし最近マコーレーがGoogleのCMで映画を再現している
動画を見て、ものすごくうれしかった!

大人になったケビンが気になる人のために。
僕はそうでもないけど、興味のある人は見てみてね。

マコーレー本人が投稿したこの映像は、Googleの広告~

ご覧のとおり、大人になったケビンが懐かしの名シーンを再現している。
Googleのタブレットやロボット掃除機など、随所に現代のハイテク機器が登場するも、パパのローションを使ってみたり、ベッドの上で飛び跳ねたり、インターフォンに映画で応答してみたりといったシーンはそのままだ。
同ツイートには18万人以上が「いいね」し、リツイートされた件数も約8万件にのぼり話題に。
複数の海外メディアでも取り上げられ、「最高の広告」「天才的なCMだ」「素晴らしい!子供の頃を思い出したよ」「クリスマスといえばコレだもの」「Googleもマコーレーもよくやった!」と称賛されている。

トラウマであるはずの
こどもの頃の映画のパロディーに出る気になるほど、
元気になって、今まで苦しんでいたものを
少し、乗り越えたかもと勝手に思って
涙が出たわよ。

『パーティー・モンスター』(2003)で共演した
セス・グリーンがメガホンを取る新作映画
『チェンジランド(原題) / Changeland』に
出演するらしいので嬉しい~

R指定版『ホーム・アローン』をライアン・レイノルズが製作
しているらしいで、これももちろん楽しみ~
でも、これに出るとは書いてないので出ないんじゃない?
シネマテュデイ

これからは映画を楽しんで!
凡才!馬之助どうぶつ園
馬之助の人間万事塞翁が馬よ!人生是修行
にほんブログ村 芸能一般情報
人気ブログランキングへ
楽天リンク
この映画も好き~