古村比呂

昨年2月にがんの再々発を公表した女優、古村比呂(53)CTでがんがひっかからないくらい小さくなり、一度、抗がん剤治療をお休みしようと主治医に言ってもらえたすよ、抗がん剤卒業を東京・有楽町朝日ホールで行われたがんとの共生社会を目指す「ネクストリボンプロジェクト2019」に出席したとき、笑顔を見せたそうよ。よかったわね!



馬之助の感想
”古村は2012年に子宮頸(けい)がんが見つかり、子宮を全摘出。経過観察をしていたが、5年後の17年3月に再発、同11月に肺とリンパ節への転移が判明し、抗がん剤治療を受けている。”

と、報道が以前からあり、体調が悪い日には病院に抗がん剤治療を受けに行ってもできなかったりで、大丈夫かしらん、元気になってほしいと思ってたのよ。苦しい治療を終えてガンが小さくなってやっと抗がん治療を卒業できて、よかった!

”「一度、抗がん剤治療をお休みしようと主治医に言われました。抗がん剤卒業ということになりました。CTでがんがひっかからないくらい小さくなって。まだ潜んでいる可能性があるかもしれないので完治ではないんですが、抗がん剤を受けなくていいのはうれしい」と笑顔を見せた。”

たしかにガンを発症していない人でも気づかないけど、小さなガンは出来ていて、大欲免疫力があれば、消えていくを繰り返しているらしいから、今後は無理をしないで体力をつけて、免疫をあげるようにしていけば、いい方向に行きそうね。

抗がん剤治療を終えたら体調がよくなるだろうから、食欲も出るだろうし、そうしたら免疫も上がるし、精神的にも安定していい循環になるわ。写真の左にいる向井亜紀も、ガンに何度もなっているらしいけどその都度、克服して元気にしているわ。新しいがん治療が出来てきているし、がんは治る時代になったってみんなに見せてほしい!
凡才!馬之助どうぶつ園
馬之助の人間万事塞翁が馬よ!人生是修行
にほんブログ村 芸能一般情報
人気ブログランキングへ
楽天リンク