キンタロー

芸人キンタローが
中学時代のいじめ体験をはなしている。

【キンタロー。さんのメッセージ】
・太陽の光を浴びることや、軽い運動をしてみて
・新しい場所は「こうありたい」自分を出すチャンス
・学校に行かなくたっていい、
時が過ぎるのを待っていてもいい

WITH NEWS




以下WITH NEWS抜粋

――キンタロー。さんはどんな中学時代を過ごしたのですか。

ーキンタロー

中学校で楽しかったと思えるのは、
1年生の1学期だけでした。
私も含めて4人のグループで
いつも一緒にいましたが、
2学期に入ったころだったかな……。
ある日突然、何の前触れもなく、
グループの3人から無視されるようになりました。
理由もわからないし、謝っても受け入れてもらえなかった。

――学校に行くこと、本当につらかったでしょうね。

キンタロー

最初は体がだるいとか頭が痛いとか
そんなことから始まりました。
1日休んでは登校し、また休んで。

少しずつ休む日が増えて、
親には「休みすぎだ」と言われたけれど、
部活動にもそのグループの友人がいたから
逃げ場がなかった。

1週間くらい休んでしまうようになると、
ずっと泣いたり、
ぐるぐると考えこんでしまったりしました。

明るく励ましてくれた母

――学校を休んだ時にはどんなふうに過ごしていたのですか。

ケーブルテレビでお笑い番組を見て
気を紛らわしていたこともあります。

休んでいた時に読んだ雑誌にも、少し救われました。
著名人の方の
「学生時代は悩みに悩め。
悩んだやつが大人になった時に成功する」

という言葉がありました。
「大丈夫だよ」と言ってもらえていると思って、
自分の人生はこれで終わるわけではないと、
少しだけ思えました。

――自宅では、つらい気持ちを話せましたか。

キンタロー

母には愚痴みたいにいつも話をしていました。
母は私が何を言っても「大丈夫、大丈夫」と
明るく励ましてくれた。

私がからかわれたと言うと、
「こんなにかわいい子はいないよ」って。

深刻ではなく、いつもと同じように
変わらず話を聞いてもらえたことは、
ありがたかったです。

今も残るトラウマ

――当時を振り返ってどんなことを感じていますか。

学校に行かない時と行く時があったから、
私の中でなんとか
バランスを保てていたのかなと思います。
中学2、3年はクラス替えもあって、
1年生の時よりは学校に行けていました。
でもクラスメート全員に気を遣って、
敬語で話すクセだけは抜けなかったなあ。

実は自分の居場所なんてないと思っていたし、
明るくできなくてずっと気を遣っていました。

結局、1年生の時に友人に無視された理由は、
グループの友人を楽しませようとした私が、
ちょっと下品な歌を歌ったことが
嫌だったからだそうです。

それを知って
「もうそういうことはしないから許してほしい」
と謝罪したけれども、友人たちは
「自分に言われても困る」と言って、
態度は何も変わりませんでした。
「『自分』を出し過ぎたら嫌われるのか」って、
今でもトラウマがあります。

あの経験が今役に立っているかと考えると、
ちょっと首をかしげてしまう自分がいます。
でも、今こうして私が話をして、
今苦しい思いをしているみんなの
ささやかな希望とか、救いになれるなら、うれしい。
だから、隠さずに話すことにしています。

学校だけが人生ではない

――今悩みを抱える子どもたちに伝えたいことはありますか。

キンタロー

中学生の時は、起きること全ての衝撃度が、
大人になった今と全然違う。

人生のごく一部のことが永遠のように思えて、
「死んじゃえば楽になる」って思うかもしれない。
私も、そう思ったことはありました。

でも、死ぬぐらいだったら、
命を絶つぐらいだったら、
学校に行かなくたっていい。

ふとんにずっとくるまって、
気力がなければうずくまって、
ただ時が過ぎていくのをじっと待っていたっていい。

だって、学校だけが人生ではありません。
生きてさえいれば、いつか新たな方向性が出てくる。

もし中学生だったら、高校生になればリセットできる。
学校以外の場所で好きなことを見つけたら、
そこで友達ができる。
命を絶つという間違った選択さえしなければ、
それでいいと思います。
WITH NEWSより抜粋引用

出典:https://withnews.jp/article/f0180828003qq000000000000000G00110101qq000017928A

馬之助の感想

夏休みがもうすぐ終わり
またいじめの教室に戻らなくてはならないことに
苦しんでいる子供たちがいると思うわ。

学校だけが人生ではない。
死ぬぐらいだったら、
命を絶つぐらいだったら、
学校に行かなくたっていい。

その通りだと思うわ。

学校の教師は必ず
みんな仲良くしましょうというけど
仲良くできない奴はいる。

いじめのターゲットされても
教師は助けてくれないわよ。

嫌いなヤツとの絶妙な距離の取り方こそを
教えるべきなのに
教師ってアホばっかだから
仲良くしましょうの馬鹿の一つ覚えよ。

学校がなければ自殺する子は
激減すると思うのよ。

学校なんてなかったらいいのに。
むかしよく思ったわよ。

キンタローはいじめられた体験を
よく話してくれて立派だわ。
普通は自分の中に閉じ込めて
話せないものなのよ。

母さんがやさしい人で
愚痴を言えたことが救いだったわね。

あたしは誰にも言えなかったわ。。
母親に言おうものなら
悔しい悔しいと、余計に母親から
攻撃されて厄介なことになったと思う。

あたしは
いろんなこと、封印したままよ。

夏休みも残りわずかだけど
宿題が出来てなくって死にたいと思っている人も
いるかもしれないわね。
死ぬくらいなら学校、行かなきゃいいのよ。
取り合えず、今日生きるのよ。

相談先
・24時間こどもSOSダイヤル 0120-0-78310(なやみ言おう)
・こどものSOS相談窓口(文部科学省サイト)
・いのち支える窓口一覧(自殺総合対策推進センターサイト)
凡才!馬之助どうぶつ園
にほんブログ村 芸能一般情報
人気ブログランキングへ