紀平梨花

「フィギュアスケート・チャレンジカップ」(24日、オランダ、ハーグ)
女子フリーが行われ、SP2位の紀平梨花(16)=関大KFSC=が、フリートップの141・90点をマークし、総得点208・34点で逆転優勝した。

18年世界選手権銀メダリストの樋口新葉(18)=開智日本橋学園高=は、186・24点で3位に入った。

世界選手権前、最後の実戦でも“逆転の紀平”は健在だった。

冒頭のトリプルアクセルは軸が大きく傾きながらも何とか成功させると、2本目のトリプルアクセルは回避し、ダブルアクセル-3回転トーループにしたが、きっちり決め、そのままほぼ完ぺきな舞を披露。演技を終えると、右拳でガッツポーズした。

前日のSPは精彩を欠いた。66・44点は今季自己最低点。

スケート靴の調整に手間取り、演技直前になって跳ぶことを決めたトリプルアクセルは2回転半で着氷。連続3回転ジャンプは後半ジャンプが軽度の回転不足をとられると、スピンでも体勢を崩す大きなミスがあった。

それでも「演技としては良かったけど、点数があまり出ていない。(スピンは氷の)穴にガタンとなった。運が悪かったところもある」と、冷静に分析していた。今月5日に亜脱臼した左手薬指はまだプラスチック製の器具で固定したまま。それでもフリーではしっかり本領を発揮してみせた。

3月には大一番の世界選手権が控える。自国開催となる初出場の大舞台は「ものすごい緊張との戦いとなる」とイメージする。これでシニアデビューした今季、フリーは7戦すべてで1位の得点をマークし、逆転優勝はこれで4度目だ。

国際大会では無類の強さを発揮し6戦6勝と、破竹の勢いを見せる16歳。堂々と世界女王の冠を狙いに行く。



馬之助の感想

紀平梨花選手ってSPではいつも出遅れてフリーで逆転のパターンで、今回のオランダハーグで行われた「フィギュアスケート・チャレンジカップ」でも優勝。国際大会6戦6勝ってすごすぎるんだけど。

浅田真央ちゃんもSPはあまり特ではなくて、フリーで逆転が多かったけど、あまりに点数を引き離されると、フリーで完ぺきな演技をしても、上位の選手が失敗しないと、逆転できないと思うので、やっぱ、SPでも高得点をとって頂戴よ。

ロシアには3Aだけでなく、4回転する子もいるらしいから、次のオリンピックに出てきそうで嫌だわ。3Aと4回転を決められたら負けるわよ。オリンピックまでにはまだまだ時間があるのでしっかり対策して。この数年で紀平選手の体形も徐々に変わり、3Aが飛び難くなるのでは・・・とそれも心配。

それにしても軽々と優勝してくるわね。真央ちゃんのような手に汗握って3A成功しますようにって、祈る間もなく、次々勝って、ホント、おめでたくって嬉しいわ。
凡才!馬之助どうぶつ園
馬之助の人間万事塞翁が馬よ!人生是修行
にほんブログ村 芸能一般情報
人気ブログランキングへ
楽天リンク