俳優萩原健一(はぎわら・けんいち)さん(本名・萩原敬三)が26日午前10時30分に都内の病院で亡くなったことが28日、分かった。


萩原健一死去

所属事務所によると、萩原さんは11年から、GIST(消化管間質腫瘍)を患っており、闘病してきたという。容体が急変し、帰らぬ人になった。故人の強い遺志で、病気は公表してこなかったという。

馬之助馬之助

GISTって何か調べてみた。ジストと読むそうよ。10万人に1~2人と少ない、希少がんらしい。GIST(じすと)


葬儀は、家族葬として営まれ、27日に荼毘(だび)にふされたという。
萩原さんは、今月18日に、内田裕也さんが亡くなった際に所属事務所を通じて「非常に残念です。近々、企画書をもって裕也さんと共演することを楽しみにしていましたが、奥様のご不幸があり、タイミングを逃しました。心よりご冥福をお祈りします」とコメントを発表していた。

さらに、11年に結婚したモデルの冨田リカが24日に更新したブログでも、冨田とともにバランスボールに乗るなどジムに通う様子が伝えられていた。

◆萩原健一(はぎわら・けんいち)本名・萩原敬三。1950年(昭25)7月26日、埼玉県生まれ。67年に「ザ・テンプターズ」のボーカルとしてデビュー。72年の映画「約束」で本格的に俳優に転身。ドラマではNHK大河「勝海舟」、日本テレビ系「前略おふくろ様」「傷だらけの天使」など、映画は「影武者」「いつかギラギラする日」などに出演。75年に初のソロアルバム「惚れた」、87年にはシングル「愚か者よ」を発売。18年には自身のレーベル「Shoken Records」を設立し、22年ぶりのシングル「Time Flies」を発売。11年にモデル冨田リカと4度目の結婚をした。

馬之助の感想

萩原健一はグループサウンズ全盛期ザ・テンプターズのボーカルで大人気だったのよ。

当時あたしはまだ子供だったけど、子供向けの雑誌の彼の物語が掲載されていて、こどもの頃片耳が病気で聞こえなくなった話などが載っていてね、それで音楽をやっているのだからすごいと思った記憶があるわ。

グループサウンズはビートルズ解散と共に衰退し、その後、役者で活躍し、いしだあゆみと結婚したころは二人ともに全盛だったわね。

離婚後、交通事故や恐喝未遂やら様々な事件を起こし、ちょっと精神的に変異なっていた時期があったんだけど、その時手を差し伸べたのが瀬戸内寂聴。瀬戸内寂聴のところに身を寄せて修行?してたってこともあったわ。

バイオリニストの前橋汀子とも一時恋仲だったし、なかなか魅力的な人だったけど、若くして亡くなってしまったわ。

亡くなる数日前、モデルで奥さんの冨田リカのブログにUpされた写真はこれ。

RikaHagiwaraブログ

この写真撮影時は元気そうね。萩原健一って寂し気なところのある人だったけど、最後までそばにいてくれる人がいてよかった。

まだ60代で若すぎるけど、萩原健一が超高齢になって認知症になって見苦しく生きるイメージがなかったので、彼はかっこよく人生を駆け抜けて行ったと思うことにする。

ご冥福をお祈りします。残された奥様が今後も活躍し、幸せでありますように。



https://sakuragasaita.com/
凡才!馬之助どうぶつ園
馬之助の人間万事塞翁が馬よ!人生是修行
にほんブログ村 芸能一般情報
人気ブログランキングへ
楽天リンク