錦織圭 復帰戦、世界238位にフルセットで敗れる

錦織圭くん復帰戦
ツアー下部大会1回戦
238位のデニス・ノビコフ(米国)に
3-6、6-3、4-6で
負けちゃったわ・・・


錦織は相手に
15本のサービスエースをたたき込まれ、
力尽きた。

まだ大事な場面でのサーブや
ストロークが安定せず、
簡単なミスも生まれた。
しかし、けがした右手首は、
最後まで違和感なくプレーできており、
身体的には、
全く問題ない復帰戦となった。

主な一問一答は以下の通り。

-プレーしてみて

錦織

やっぱり1試合目なので、
想像はしていたが、難しかった。
ラリーを続けるのも簡単ではなかった。

-どこがうまくいかなかったか

錦織 

自信がない分、
自分から打っていけなかった。
最近、手首も良くなって、
思いっきり打っていけるには、
ちょっと時間はかかる。

-違和感や痛みは

錦織

100%なしではない。
だいぶ良くなってきているので、
あと、何週間もすれば、
痛みもゼロになってくると思う。

-サーブを打つ怖さは

錦織 

それもないですね。消えてきている。
 -緊張したか

錦織 

久しぶりの試合だったので、緊張もした。
まだ失っている部分もたくさんあるが、
それも試合をこなしていくうちに、学んでいける。

-今は悔しいか、ほっとしているか

錦織 

いろんな気持ちがある。
悔しいですし。
まだまだプレーが、
自分の中で30点ぐらい。
ジョコビッチみたいに、
いいテニスが簡単にはまだできない。

- 今後は。

錦織 

インディアンウエルズとか。
そこが1番、合わせたいところ。
マスターズなので。
あまり今日だめだったからといって、
(気持ちが)下がりすぎず頑張りたい。
日刊スポーツ

馬之助の感想

手首の調子は100%ではないし、
試合から離れていたら
試合感がなくなるから
すぐ勝つことは難しかったのね。

下位トーナメントで
相手は238位の選手だから
楽勝だと思ってたんだけど。
まさかの敗退でちょっとショックだわ。

238位の選手にしたら大金星で
ランキングが上がるんじゃない?

昨夏の
ウィンブルドン選手権準々決勝を
途中棄権後は実戦を離れていた、
ジョコビッチは
エキシビションマッチとはいえ
1月110日、メルボルンで
世界5位のドミニク・ティエムに
6-1、6-4で快勝だったんだけど・・・

ジョコビッチ復帰戦快勝

ジョコビッチのようには
錦織君はいかなかったわ・・・ね。

でもそのジョコビッチが
全豪で韓国のチョン・ヒョンに
ストレート負けしたんだから
テニスってランキングだけでは、
勝敗はわからないものなんだわね。

錦織君は
慌てず焦らず、徐々にエンジンを
掛けていって頂戴よ~
凡才!馬之助どうぶつ園
にほんブログ村 芸能一般情報
人気ブログランキングへ
楽天リンク