ジャニーズ事務所

ジャニーズ事務所が、SMAPの元メンバー3人を出演させないよう、民放テレビ局などに圧力をかけた疑いがあると、7月17日夜に報道各社が相次いで伝えた。同事務所はそうした疑いを否定するコメントを発表した。【BuzzFeed Japan / 籏智広太】


馬之助の感想

元SMAPの香取慎吾、稲垣吾郎、草彅剛の3人が解散後にテレビから締め出されたのは、ジャニーズ事務所が各局に出演させないよう圧力がかかっていたからだと、公正取引委員会がジャニーズ事務所に注意したと報道されたら、ジャニーズ事務所、つまりメリーとジュリー親子が、圧力などをかけた事実はないと反論したそうよ。民放各局は、圧力を受けたことはないとして、しかし忖度はあったと回答したんですって。

そりゃあ、無言の圧力を掛けてきましたとは言わないでしょ。

昨晩はネット速報が流れ、NHKが時間を割いて報道したので、朝のワイドショーではこの話題で持ち切りかと思いきや、ちょとだけ流して、コメントなし。コメントしたのは日本テレビ系「スッキリ」のMC加藤浩次のみ。

加藤浩次:この問題は注意にとどまったということで、これで終わるのかと思うと思うんですけど。

ジャニーズ事務所に限らずみなさん周知なんですよ。大手の事務所を独立したタレントは、何年かテレビに出れなくなるっていうのは、僕はテレビ見ている方も気づいている方もいると思う。僕らもこういう仕事をさせてもらって、そういうのが暗黙にあるっていうのが分かっている。

これは、じゃぁ何十年前から決まってきた芸能界の歴史、テレビの歴史の中で当たり前のように扱っているんだけど、今の時代で考えたらちょっともうおかしいんじゃないかっていう部分も実際ある。その部分は、テレビ局もそうですし事務所関係、この業界全体がこれから新しく変わっていく、次に向かっていくんだっていうきっかけになればいいと僕は思っています。

加藤浩次は勇気をもって発言して立派ね。情報番組のMCがこいつは叩いても大丈夫と思ったら攻撃し、ジャニーズ事務所は怖いからコメントナシでは信用を失うわよね。

今まではずっと、パワハラやセクハラ、いじめや脅迫はどの業界にもあって、干されて消えて泣き寝入りか、ずっと我慢し続けるかの二者択一しかなかったのよね。

子供にいじめはいけないことだ、と言いながら、会社組織が大人の男をいじめているのだから、そりゃあ、いじめはなくならないわ。

クラシック音楽の世界だって同じことよ。

才能豊かな青年が国際ピアノコンクールを受け続けても、1次予選すら通らない。なぜかというか、審査員のひとりと感情的にこじれていて、低い評価を付けられていたから。じゃあ、その審査員のいないコンクールを受ければいいじゃないかと思うけど、その人は、世界の名だたるコンクールの審査委員をしていたので、才能豊かな青年は抹殺されっちゃった、って話・・聞いたことあるわよ。

きっと、クラシックバレエや日舞など、様々な世界でも、パワハラが炸裂しているんだと思うわ。

パワーのある人は才能を抹殺することなど、いとも簡単にできて、なんとも思わないのよね。

元SMAP3人の問題を公正取引委員会が取り上げてくれて、今後、様々な社会が変わっていけばいいけど、無理でしょうね・・。いじめも妨害もなくならないわよ。

あたしはSMAPが大好きだから、事務所をやめた香取慎吾、稲垣吾郎、草彅剛が妨害をはねのけて、紅白に出たり、ドラマや映画でさらに活躍する姿が見たいと思う~。
凡才!馬之助どうぶつ園
馬之助の人間万事塞翁が馬よ!人生是修行
にほんブログ村 芸能一般情報
人気ブログランキングへ
楽天リンク