俳優ジョニー・デップ(55)が、
映画撮影現場で、
スタッフを殴打としたとして
訴訟を起こされた。



裁判所文書によると、スタッフはジョニーが

「意図的かつ悪意を持って、
原告を辱める目的で犯行に及んだ」

と主張しているほか、

撮影中のジョニーの

「酩酊状態や短気さのせいで、
非常に酷く危険な
労働環境になってしまった」
と非難している。

また、スタッフはこの事件に対する
訴訟の権利を放棄することへの
同意を拒否したことにより
その映画での仕事を失ったとしている。

スタッフの弁護士は
次のようにコメントしている。

「依頼人は将来同じようなことが
起こらないように、
デップ氏に現場での振舞いについて
責任があると明確にしたいのです」

一方で、今年初めに
今回の事件が明るみになった際に、
ブラッド・ファーマン監督は
ジョニーのことを擁護する声明を出している。
Text by Bangshowbiz

馬之助の感想

ジョニーデップは
撮影中も酒を飲んでるみたいね。

ジョニーデップは
元ボディーガードたちからも
訴えられてるわね。

元ボディーガードの2人は
ジョニー・デップに対し、

賃金未払い、時間外労働、
不正な契約終了、労働法違反

訴えを起こしたという。

訴状には
「安全でない労働条件を課され、
基本的にはジョニー、ジョニーの子どもたち、
そして近親者のための
ベビーシッターや運転手として
働かされた」と書かれていたという。

またこの2人の元ボディーガードは、
ジョニーの“非行”からも彼
を守らなけらばならなかったと語り、
ある時、ジョニーがナイトクラブで
違法薬物を所持していた際も、

周りから見えないように
しなければいけなかったと明かしている。

2人は、ジョニーのもとを去り、
雇用されていた
2016年5月~2018年1月の期間の、
時間外労働の分の賃金が未払いとして
訴えを起こしたようだ。

ジョニーは、
過去にマネジメント契約を結んでいた
マネージメント・グループとも
賃金未払い等で現在揉めているし
2016年には元妻で女優の
アンバー・ハードにも700万ドル
(約7億万8,400万円)の調停金を払い、
もう破産寸前ではないかと
うわさされているわね。

ジョニーは浪費癖が治らないらしいし。

マイケル・ジャンクソンは
これだけの金があって
なんで破産するの?と思うけど
破産状態だったらしいからね。

気に病んでいるからか
単なるダイエットなのか

ジョニー・デップ激ヤセ

激ヤセしちゃっているわね。

以前、何かの授賞式で
泥酔したジョニーがわけのわからない
スピーチをして
話題になったけど
ビッグなったら何をしても
許されるのがハリウッドなの?

日本の芸能界だったら
いくらなんでも干されちゃうけど。

でもジョニーがスタッフに暴力を
ふるった事件でも
その時の映画監督は
彼を擁護しているわよ。

ジョニーを使えば
間違いなく映画は
そこそこヒットするから、
誰も文句を言えない状態が長年続き
彼を傍若無人にしてしまったのかも。

ジョニーは昔、まだ駆けだしの
テレビ俳優だった頃
「返事をくれなかったら死ぬ」と
というファンレターが来たらしいのよ。

返事を書いたらしいわ。

シザーハンズの後くらいに
インタビューで答えてたけど・・

「死ぬ」なんて書いてこられたら
ほっとけないからって
当時、言ってたわよ。

あの頃は一生懸命だったろうし
出る作品もお金のためだけの
商業作品ではなかったんだけどね・・

もう一度初心に戻って
いい作品を作ってみて。

凡才!馬之助どうぶつ園
にほんブログ村 芸能一般情報
人気ブログランキングへ
楽天リンク

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】ブレイブ 【DVD】/ジョニー・デップ
価格:206円(税込、送料別) (2018/7/29時点)