ドイツで開かれた卓球の世界選手権で、
合わせて5つのメダルを獲得した
日本代表の選手たちが7日午後、帰国し、
メダリストたちが大会を振り返りました。
NHKNEWSWEBより引用



◎日本勢は38年ぶりとなる
金メダルをミックスダブルスで獲得

世界選手権優勝吉村真晴・石川佳純

銀メダル1つ、
銅メダル3つの合わせて5つのメダルを獲得

卓球世界選手権メダリスト

女子シングルスで
日本選手では48年ぶりのメダルとなる
銅メダルを獲得した平野美宇選手

平野美宇ちゃん

「期待されていた中で、
目標としていたメダルを取ることができたのは、
いちばんの収穫だった」

と大会を振り返りました。
そのうえで、
「特に練習してきた速いレシーブや
フォアハンドを試合で出せてよかった。
中国選手に研究されても
勝つことができるように
さらに実力を上げていきたい」
と意気込みを話しました。

東京オリンピックで
新種目として追加される可能性がある
ミックスダブルスでは、
吉村真晴選手と

卓球吉村真朝選手

石川佳純選手のペアが

卓球石川佳純ちゃん

世界選手権のすべての種目を通して、
日本勢38年ぶりとなる
金メダルを獲得
しました。

卓球世界選手権金メダル石川佳純・吉村真晴その2

吉村選手は
「苦しい試合だったが、
2人の力を合わせて最後まで戦うことができた。
互いを信じて戦えたのが大きかった」
と振り返りました。

石川選手は
「表彰台の真ん中に立てる喜びを
すごく感じた大会だった。
ミックスダブルスが正式種目になれば、
すごくうれしいし、
今回金メダルを獲得したので
自分自身すごく楽しみだ」
と期待を込めていました。

男子ダブルスでは、
世界ランキング1位の大島祐哉選手と
森薗政崇選手のペア
が決勝で

中国のペアに敗れたものの、
準優勝で銀メダルを獲得しました。

準決勝で敗退した丹羽孝希選手と
吉村選手のペアも銅メダルを獲得
し、

この種目で日本勢が複数のメダルを獲得したのは
1969年以来、48年ぶり
でした。

女子シングルスでは、
17歳の平野美宇選手が準決勝で
世界ランキング1位の中国の
丁寧選手に敗れましたが、
日本選手では48年ぶりのメダルとなる
銅メダルを獲得
しました。

女子ダブルスでは、
ともに16歳の伊藤美誠選手と
早田ひな選手
のペアが準決勝で

中国のペアに敗れたものの、
この種目16年ぶりとなる銅メダルを獲得しました。
2人はことし1月に新たにペアを組んだばかりで、
結成からわずか4か月でのメダル獲得となりました。

このほか男子シングルスでは、
13歳の張本智和選手が史上最年少で
ベスト8に進出
するなど、大会を通して

10代の若手選手の活躍が目立ちました。

東京オリンピックを3年後に控え、
JOC=日本オリンピック委員会を中心に、
次世代のトップアスリートを養成するために、
長期的な視野を持って取り組んできた強化や
育成の成果が出始めた大会となりました。
以上NHKNEWSWEBより引用終わり

馬之助の感想

世界卓球が行われたドイツから帰国し、男子シングルスで8強入りした張本智和(後列中央)をねぎらう(前列左から)吉村真晴、石川佳純ら日本代表選手ら=7日、千葉・成田空港

メダリストの中に
水谷選手が入ってないのは
少しずつ、世代交代が始まり
若い世代が見事に育ってきて
3年後の東京オリンピックが
ものすごく楽しみだわ。

ミックスダブルスが東京オリンピックで
新種目として追加される可能性があるのは
すごくうれしいわ!

でもそうなると、中国が
世界ランキング1位の二人を
ペアにしてくるかも・・・

なんだかんだいって
中国は男子女子共にシングルスは優勝
ダブルスでも優勝と
いつも通りの結果で、
あんなデカイ国がなんで
あの小さなテーブル上のテニスをするのか・・
わからないけどともかく強いわ・・

13歳の張本くんも両親も
中国人で日本に帰化しても
DNAは中国・・

東京オリンピックでは
中国の卓球をズタズタにしてほしい!
凡才!馬之助どうぶつ園
にほんブログ村 芸能一般情報
人気ブログランキングへ
楽天リンク
水谷準選手が海外遠征に持っていく水谷カレー
嘘じゃなくおいしいわよ。

★即納/あす楽★【フリーデン】
5880720 水谷隼カレー
卓球 の全日本選手権9回優勝の
水谷隼選手が監修した
「やまと豚」と国産野菜が入った
レトルトカレー です。
[水谷 カレー レトルトパック]【RCP】