細野豪志

民主党政権時代に「プリンス」とも呼ばれた細野豪志・元環境相が、無所属のまま自民党二階派入りしたことが与野党に波紋を広げている。東洋経済より



空中分解するまで自民党と対峙していた民主党と民進党で、細野氏は要職を歴任したが、2017年夏に「政権交代可能な2大政党をつくる」として民進党を離党。当時は飛ぶ鳥を落とす勢いだった小池百合子・東京都知事の希望の党立ち上げに参加して、一躍時の人となった。しかし、同年秋の衆院選で同党は敗北。「非自民のスター」の座を追われ、居場所のない無所属議員に転落した。

一方、変幻自在の政治手法で「絶滅危惧種」と呼ばれる二階氏は、「来るものは拒まず」と自民無派閥組や保守系無所属議員を積極的に二階派に勧誘することで派閥勢力を拡大してきた。党内や選挙区の事情で行き場を失った議員達にとっても、同派は「生き残りのための唯一の駆け込み寺」(自民長老)となってきた。ここまで東洋経済より

ここからAERA
野党幹部が「軍門に降った」と語ったのは、無所属の議員をそのまま入会させ、派閥の拡大をもくろむなど独自色の強い二階派は、野党に居場所のない議員にとって格好の受け皿だからだ。細野氏を迎えれば、同じ境遇の旧民主党保守派の議員へのサインにもなる。ただ自民党内の反発は強い。二階氏が当然予想された反発を押してでも細野氏を迎え入れた決断の真意を、ある与党議員はこう語る。

「次の総裁を自らの派閥から誕生させたい思いが二階氏にはある。だから、来る者拒まずの姿勢で懐の深い印象を世間に与えたい。とはいえ、おそらく細野氏の政治手腕そのものに二階氏の関心はない。自民党ではなく、派閥のために仕事をさせられる細野氏は、統一地方選、参議院選挙を通じて、それ相応の『踏み絵』を踏まされる。次の自らの選挙で自民党の公認がもらえなければ、細野氏の政治生命は絶たれるだろう」AERAより

馬之助の感想

細野豪志といえばこの写真~

山本モナと不倫してた細野

山本モナとの不倫~

意地悪でこの画像を載せたんじゃないくて、好きなのよ、これ。

まるでフランス映画みたいなんだもん~

細野豪志は小池百合子の希望の党に参加したころは飛ぶ鳥を落とす勢いだったのに、小池百合子が「排除」って単語を使ったったためにアッという間に転落していったわね。小池百合子は東京都知事のままだけど。

反自民だったのに自民に拾ってもらっても、いばらの道よね。当然、二階氏は利用するために受け入れるんだろうし。

細野豪志

この人、京都大学を出ているのね。頭はいいけど、政治家としての世渡りは下手なんだわね。政界渡り鳥って感じの経歴ね。次の選挙で自民党の公認をもらえるかどうかで政治生命が決まるから、泥水すすりながら頑張るしかないわね。でも、もし、政治家がダメでも、どこか大学から講師にってお声がかかるわよ。テレビのコメンテーターとして出たら人気者になりそうだし。頑張るだけ頑張ってダメでも悪くない人生が待っていると思うわよ。
凡才!馬之助どうぶつ園
馬之助の人間万事塞翁が馬よ!人生是修行
にほんブログ村 芸能一般情報
人気ブログランキングへ
楽天リンク