細野豪志

昨年12月末に77歳で死去した自民党の二階俊博幹事長の妻・怜子さんをしのぶ会が2月23日、和歌山県御坊市で営まれた。菅義偉官房長官、片山さつき地方創生担当相、世耕弘成経産相、石田真敏総務相ら現職閣僚に加えて、自民党の岸田文雄政調会長、小泉進次郎議員、大島理森衆院議長、王貞治ソフトバンクホークス会長らおよそ5千人が参列した。

馬之助馬之助

政治家の親や奥さんが亡くなったら、すごい葬儀になるのよね。政治家本人が死んだより盛大になる場合があるのよ。


 
地元の鉄道会社は臨時列車を走らせ、シャトルバスも運行、周辺には臨時駐車場が設置され、幹線道路は参列者で大渋滞。午後2時に偲ぶ会がはじまっても人が途切れず、会場の外にまであふれるほどだった。
 
普段は、強面のイメージの二階氏だが、最愛の妻、怜子さんとも親しかったという、武部勤元幹事長の挨拶では、ハンカチで涙をぬぐっていた。

そんな中でとりわけ目立ったのが、自民党入りを目指す細野豪志衆院議員だった。自民党議員らを乗せたバスで会場に到着した細野氏。参列した自民党議員はこう話す。

「バスの中や会場でも、ちょっと緊張気味だった。周りは全部、自民党の議員だし、二階派とは折り合いが悪い岸田先生も来ていたからな。当選7回の細野氏だが、自民党の若手議員にまでペコペコしていたよ。まあ、仕方ないわね」

別の自民党議員もこう話す。
細野も自民党の若い議員にも気を使わないといけないのはキツイと思うよ。民主党政権時代は、閣僚経験者だけど、自民党入りの最大の支援者、二階先生の奥様の偲ぶ会は、どんなことがあっても来なければならない。欠席なら即刻、二階派入りはなかったことにという声まで、あがっていた。何とか、難関はクリアしたというところかな」

だが、二階氏の地盤を守ってきた地元の地方議員からはブーイングの声が上がった。

「細野って、あれは本気で自民党に入るつもりなのか。今日は地元の議員や支援者でも会場に入りきれなかった。それが細野はデーンと椅子に座っていて、何様なんだ」

報道陣の関心事は二階派だったが、週刊誌で女性スキャンダルを大々的に報じられ、離党届を出している田畑毅衆院議員が現れるかどうかだった。

「二階先生がいくら、田畑をかばっても、今日はさすがに来れないよ。来ればマスコミの餌食だし、二階先生の顔をつぶすだけだ」(前出・自民党議員)田畑議員の姿は最後まで見られずじまいだった。(今西憲之)
※週刊朝日オンライン限定



馬之助の感想

二階幹事長の奥さんが死んでしのぶ会だけど、しのんでいる人なんか一人にいなかったと思うわ。政治の駆け引きばかりで、駆け引きの場に利用された奥様~、成仏できる~~?

細野豪志は民主党時代、自民党を散々批判してきて、よくもまあ、自民党に入りたいと思うものだと呆れるけど、小池百合子の尻馬に乗って落馬して、無所属になっちゃったのよね~

無所属では国会で質問することもできず、活動に制限があるので、ということを建前に恥を忍んで自民入りを決意したんでしょうよ~

これから先は泥水だって一気飲みする覚悟で頑張らなきゃ、生き残れないわよ。頑張ってね。
山本モナと不倫してた細野
凡才!馬之助どうぶつ園
馬之助の人間万事塞翁が馬よ!人生是修行
にほんブログ村 芸能一般情報
人気ブログランキングへ
楽天リンク

br/>