堀ちえみ

堀ちえみの舌がん 韓国のレーザー整形が悪影響を及ぼしたのではと噂になっているんだそうで、あたしの勝手な考えでは”アリ”じゃないかと思う・・。


堀ちえみの舌がん 韓国のレーザー整形が悪影響を及ぼした?

実は堀さんは何年か前から、韓国の美容整形にはまっていたんです。最初は脂肪吸引やアンチエイジングのための注射でしたが、その後に気に入ったのが『ウルセラ』というレーザー美容。頰やあごにレーザーを当ててリフトアップする施術です。一部ではこのレーザー整形が堀さんの体に何らかの悪影響を及ぼしたのではないかと囁かれているんです」(芸能関係者)

確かに堀のブログを見ると、頻繁に韓国の美容クリニックを訪れていた形跡がある。

★2016年7月、韓国の美容外科を訪れた堀は、《脂肪の固まりを焼いてもらいました》と報告。
★2017年7月にも渡韓し、《シンデレラ注射を点滴。シンデレラ注射は、日本では芸能人注射とも呼ばれているそうです》と紹介
★2018年3月には、美白効果のある「ルチオン注射」の後、ウルセラを受けたと書いている。

★シンデレラ注射とは抗酸化成分やビタミンCなどの美肌成分が入った注射のこと。韓国では人気が高い。

★ウルセラとは皮膚の最も深い層にある『SMAS層(表在性筋膜)』に高密度の超音波をピンポイント照射する施術で、皮膚とSMAS層を引き締めて、頰やあご下のたるみを改善できる。照射で熱ダメージを受けた組織は治癒作用が起こるので、コラーゲン生成が促進され、皮膚にハリや弾力も出る。ウルセラは「切らないフェイスリフト」と言われている。

★注意すべきは、日韓でウルセラの使用法が異なることだ。韓国在住のある美容外科医が指摘する。
「同じアジア人でも、日本人と韓国人の肌質はだいぶ違って、一般的に日本人の方が皮膚が薄いんです。だから日本人が韓国で施術を受けるのは、体への負担が大きい。しかも、韓国は一度に大きな効果を得ようとして、強力なレーザーで治療を行う傾向がある。韓国でウルセラを受けた日本人には、照射の痕がバーコードみたいに肌に残ってしまう人もいます」

舌癌との関係は?

★韓国のネット掲示板でも「ウルセラを受けてから頭痛と手のしびれがとれない」「顔の皮膚がずっとムズムズする」「痛くて、血が通ってない感じがある」など後遺症に苦しむ患者の声が多く書きこまれている。

★「発がん性との関連は聞いたことがない」が、レーザーを当てると皮膚の神経が鈍って麻痺することがあります。堀さんの場合は、それでがんの前兆である口内炎の痛みや重症化に気づきにくくなっていた可能性はあるかもしれない。

高須院長も警鐘を鳴らしている

高須:韓国は「美容整形大国」なんて呼ばれて、美容整形を受ける人が多いのは事実だけど、必ずしも技術が高いわけではない。美容整形が身近な分、玉石混交になっていて、怪しげな医者も多い。それこそ詐欺まがいの医者だって少なくない。失敗例もものすごく多くて、失敗した患者さんが別のクリニックに駆け込むこともよくある。残念ながら、韓国の美容整形事情はあまり健全とは言えないね。

高須:もちろん、韓国にはちゃんとしたクリニックもあるけど、ハズレを引いてしまう確率は間違いなく日本より高い。韓国での美容整形手術はリスクが高いということは、もっと世間に知ってもらわなければならないな。安いというだけで、韓国の怪しげな美容クリニックに飛びついたらダメだよ。日本のクリニックのほうが技術も高いし、信頼できるってことをちゃんと知ってほしいね。

必ずしも健全とは言い難い韓国の美容整形事情に苦言を呈する高須院長。失敗しない美容整形手術を求めるならば、安い韓国ではなく安心の日本で受けたほうがよさそうだ。

お見舞いでもらったものをブログで晒す堀ちえみ

堀ちえみは中居正広からお見舞いの加湿空気清浄機をもらったことをブログで報告し、松本伊代と、早見優からは大きなバルーンが届いたことをいちいち書き、今度は北斗からお見舞いに届いたことも報告。

「ココロをこめて」という絵本

馬之助の感想

堀ちえみはある時期、突然顔が変わったのよ。目が大きくなり、立体的になったのよ。誰の目からも美容整形手術をしたことは明らかで、芸能人って、急に顔が変わって恥ずかしくないのか?と思ったことあったのよ。

芸能人で美容整形をしていない人はほぼゼロだそうで、目を二重に、目頭切開やら、鼻の根元にコラーゲンやシリコンを入れて高くしたりをしていない芸能人を見つける方が難しいでしょ。

でも、体に異物を入れた場合、免疫反応が過剰に出て、免疫疾患になることがあるのよ。

岸洋子という歌手がいたけど、ある日突然、顔がガラリを変わって、その後、膠原病、これも自己免疫疾患ね、それになって、結局それで亡くなったわよ。

美容整形をして自己満足と引き換えに病気になるか、少々不満な顔でも健康に生きるか・・・それは自己責任で決めることね。

北斗が贈った本は、アマゾンで急に売れ出しているので作者は嬉しいでしょうね。しかし、こういちいちお見舞い品を報告されたら、まだ見舞い品を贈ってない芸能人は焦ると思うわ。

ブログに書く場合は当然、贈り主の了承を得ているだろうけど、松本伊代と、早見優からはお見舞いがきて、小泉今日子、三田寛子、中森明菜、石川秀美、薬丸裕英からは来てないのか?ということになる。

人に何をもらったとか何を贈ったたとかは、普通の社会では言わないものだけど、芸能界ってやっぱ、特殊なのね~

大きな手術を無事終えて、順調に回復しているので、同じ病の人がこのブログを読んだら励みになると思うし、書いている堀ちえみ自身にとって元気の源だと思う。堀ちえみが子供の実名を晒すのも勝手だし、いいわよ。しかし、忙しくて見舞いになかなか行けない亭主の連れ子なんかは、実子が土日には行ってるし、行かなきゃ、とプレッシャーになるかも。

将来、息子たちが結婚したら、息子夫婦が遊びに来たことも書くでしょうね。行ってない嫁は焦るでしょうね。でも、堀ちえみは、そんな気遣いゼロでお構いなしの人だと思うわ~

堀ちえみはかなりの鈍感力の持ち主だと思うわ。でもその鈍感力で難病を克服できそうね。鈍感な人ほど長生きするのよ。堀ちえみは、たくさん病気をしても元気になって長生きするわよ。
凡才!馬之助どうぶつ園
馬之助の災い転じて福となす・・・か?
にほんブログ村 日々の気になること
人気ブログランキングへ
楽天リンク