2020年NHK大河ドラマ 明智光秀主人公「麒麟がくる」主演は長谷川博己、脚本は池端俊策氏

NHKは19日、
2020年放送の大河ドラマが
戦国武将・明智光秀を主人公とした
「麒麟がくる」に決まったと発表した。
主演は俳優の長谷川博己(41)
脚本は池端俊策氏が務める。



長谷川は大河ドラマ初主演。
大河出演は2013年「八重の桜」以来。
今年後期の連続テレビ小説「まんぷく」にも出演、
ヒロインの夫を演じる。

東京・渋谷の同局で会見した長谷川は

「感動しています。
ちょっと実感が湧かなかったんですけど、
たくさん写真を取られて、
凄いことを引き受けたんだなと実感しています」
と大役の感想。

「明智光秀は謎めいた、ミステリアスな人物。
いろいろと想像で
池端先生にお話をさせてもらった時に、
池端先生から明智光秀像が鮮烈で、
やらなければならないなと思いました。
長旅になりますけど、
これを乗り越えた後に、
人が見れないような景色が見れるのではと思い、
しっかりやりたい。
明智光秀は三日天下ですけど、
やり遂げた後に1年ぐらい天下がほしい」と意気込んだ。

大河第29作「太平記」を手掛けた
池端氏のオリジナル脚本。

大河としては初めて智将・明智光秀を主役とし、
その謎めいた半生に光を当てる。
物語は1540年代、
まだ多くの英傑たちが
「英傑以前」であった時代から始まり、
丹念にそれぞれの誕生を描く。

放送中で俳優の鈴木亮平(35)が主演を務める
「西郷どん」、

歌舞伎俳優の中村勘九郎(36)と
俳優の阿部サダヲ(47)が
リレー形式で主演を務める来年放送の
「いだてん~東京オリムピック噺~」に続く
59作目となる。

「いだてん」は
異例の早さで既にクランクインしている。
スポニチより

馬之助の感想

長谷川博己は20代前半に
朝ドラのオーディションを
何度も受けて落ちた経験があるらしく
今年の後半には夢が叶い、
朝ドラ「まんぷく」のヒロインの相手役。

2020年、オリンピックの年には
大河の初主演と
恵まれた夢のような出世ね。

長谷川博己を初めて知ったのは
「家政婦のミタ」で
それでブレイクして、
それから突然、いろんなドラマや映画で
見るようになって
鈴木京香とも仲良くもなれたし
トントン拍子の出世で
頂点に達した気分でしょうね。

子供のころ、
明智光秀はかわいそうな
イメージを持ってたけど
このヒトが信長を殺したために
日本の歴史は大きく変わったと
今は
日本歴史の戦犯のように
思っているのよ。

信長が生きていたら
海外に目を向けて
徳川のような鎖政策はなく
世界中に進出していたと思うのよ。

世界地図が今とは
変わっていた可能性があったけど
信長が明智光秀に殺されて
日本の歴史が変わったわ。

秀吉が天下統一をしたけど
家康のように世継ぎを
たくさん残せなかったこともあり
結局は徳川の世になり
鎖国政策になるのよね。

もし、信長が生きていたら・・・

歴史に
タラレバはないというけど
タラレバを考えたら面白いわよ。
凡才!馬之助どうぶつ園
にほんブログ村 芸能一般情報
人気ブログランキングへ
楽天リンク