羽生結弦(ANA)が66年ぶりとなる
五輪連覇を果たし
宇野昌磨(トヨタ自動車)が
銀メダルを獲得。

その陰で中国人ジャッジの
不正採点問題が浮上している・・・
調査が行われる方針という事態に発展している。
スペイン地元紙
「ムンド・デポルティーボ」など、
海外メディアが一斉に報じている。

なんとなくわかる・・・
主観の入る得点で決まる
競技なんだから・・・


記事によると、
男子フィギュアで
7番目のジャッジを務めた
中国人のチェン・ウェイグアン氏が、
採点を操作した疑惑が浮上。

297.77点で
4位に入った金博洋(中国)に対して
高得点を与えたことが
問題視されている。

中国人ジャッジによる
中国人スケーターに対する採点には
疑問符が付いた。

プログラム・コンポーネンツ・スコア(構成点)は
他のジャッジが
7点台をつけている要素で
9点台を連発。

一方、メダル争いのライバルとなった
フェルナンデス、宇野に対して、
9人中で最も低い評価を下している。

国際スケート連盟(ISU)の規律委員会は
今回の採点を調査する方針を固めたという。

さらに、1年間の
資格停止処分を受ける可能性も
浮上している。

この問題は
メキシコテレビ局「ウニビジョン」、
ドイツ地元紙「南ドイツ新聞」も報じるなど、
世界に波及している。
(THE ANSWER編集部)

馬之助の感想

これが問題とされている
SPの採点表

男子フィギュア採点表

小さくて見にくいんだけど
羽生くん、宇野昌磨くん、フェルナンデスより
中国選手にいい点つけてるのよね。

主観が入る競技だから
自分がこう思ったと
言われてしまったら
どうしようもないんだろうけど。

出来栄え点なんて
主観そのものでしょ。

小平奈緒・日本スピードスケート史上初の金メダルで書いたけど
フェルナンデスは羽生くんより
安定した演技をしたように思ったけど
想像よりかなり低い点数で
「あれ?」と思ったわよ。

中国人審判である
チェン・ウェイグアン氏が
自国、中国の金博洋選手に対して
公正とは言いがたい高得点を
つけても驚かないわよ、
中国だから。

金選手の構成点は
ほかの審判が7点台をつけているところで
何度も9点台をつけており、
また、メダル争いを繰り広げていた
宇野選手と
フェルナンデス選手に対しては、
9人の審判員のなかで
最低の点数をつけているから、

調査の結果で今回の
順位は変わらないだろうけど

フェルナンデスに
正当な点数がついていたら、
フェルナンデスと羽生君の順位が
変わっていた可能性を
あたしは思っているのよ。

こんなことを書いたら
羽生結弦選手の熱烈ファンに
恨まれるだろうけど・・・ね。

キム・ヨナの時も思ったわ。
何でヨナには
超人な高得点が出るんだろうって?

ブライアン・オーサーコーチ

ブライアン・オーサーコーチの生徒は
みんな、高得点だわ。

高得点を取りそうな生徒ばかりを
コーチして、ブランド性を
高めているんだろうけど

今回も前回もオリンピックで
羽生くんもフリーでは
なんとか転倒を回避したジャンプが
何度もあったから
圧倒的な感じはしなかったのよ。

羽生くんはすごいという
先入観もあるし・・・

スピードスケートと違って
主観の入る採点競技は
不可解な部分があるわね・・・

後半のジャンプは点数上乗せだからって
前半はだらだら滑って
後半にジャンプを集中させる構成を
して高得点とる選手もいるし・・・

ザギトワ

アリーナ・ザギトワ選手のことよ。
作戦と言えばそうだけど
なんだかな~って感じよ。

個人的主観の入る協議には
賄賂が有効な可能性があるし・・・ね
凡才!馬之助どうぶつ園
にほんブログ村 芸能一般情報
人気ブログランキングへ
楽天リンク