錦織圭の子供時代のコーチ死去

テニスの世界トッププレーヤーとして活躍する錦織圭選手を少年時代に指導し、才能を見いだしたことで知られる松江市のテニススクールのコーチ柏井正樹さんが、11日亡くなりました。58歳でした。
柏井さんは松江市出身で大学時代にテニスを始め、その後、指導者としての道を進んで、松江市内でテニススクールのヘッドコーチを長年務めてきました。

テニススクールでは錦織選手を6歳から中学1年生まで指導し、その才能を見いだして世界トップレベルで活躍する基礎を築いたことで知られています。

こうした功績が評価され、平成16年には日本テニス協会から優秀指導者賞を受賞するなど、指導者として数々の表彰を受けています。

錦織選手が国際大会で上位に進出した際などには、地元でのパブリックビューイングで声援を送るなど活躍を見守っていました。

島根県テニス協会によりますと、11日朝、松江市内の自宅で柏井さんが起きてこないことに家族が気付いたということで、その後、病院で死亡が確認されたということです。



馬之助の感想

突然亡くなられたのね。大往生というには若すぎるわね。全仏での錦織くんの激闘をご覧になったでしょうね。応援されていたでしょうね。いつもベスト8止まりといわれるけど、ものすごいことなのよね。

小学校時代の一番の基礎を作る時期に教えてもらった先生なんだから、知らせを聞いて、錦織くんが、どれほど悲しんでいるかと思うわ。グランドスラムで優勝した姿を見せたかったと思う。

教え子が世界で活躍する凄い選手になって、どれほど喜んでられたかと思うわ。今からでも遅くないわ。必ず数年間のうちに優勝して。天国から見ていてくれていると思うから。
凡才!馬之助どうぶつ園
馬之助の人間万事塞翁が馬よ!人生是修行
にほんブログ村 芸能一般情報
人気ブログランキングへ
楽天リンク