今月24日に妻・真由美さん(享年69)、25日に母・治子さん(享年100)を亡くした落語家・桂文枝(77)が31日、大阪・天満天神繁昌亭で行われた、一門の落語会「新・四つ葉の会」に出演。トリで訃報後初めて高座を務め、「ぼやき酒屋」を披露。マクラで妻と母の思い出を涙ぐみながら触れた。



帰り際、集まった報道陣に一礼した文枝は、車へ乗車後に窓を開けて「ありがとうございました」と2度あいさつした。関係者によると、文枝は悲しみの中、周囲には気丈な様子で振る舞っており、体調も問題ないとした。

桂文枝こと桂三枝涙の高座

妻、真由美さんは昨年にがんを発症。母、治子さんは数年前から施設に入所し、老衰で亡くなった。
出典:桂文枝、落語への決意 妻と母亡くし初の夜席出演

桂文枝 涙の高座 2日続けて死去した妻と母の思い出をマクラで語る 訃報後初仕事

感想

涙ぐみながら苦労させた妻と母親のことを話したって今更って思うけどね!生きているときに改心して浮気をやめていたら奥さんは、もっと長生きたしかもしれないよ。浮気ばっかりに亭主で、進路が絶えず、ガンに倒れたのかもしれないわよ!

未だって、涙を流しながら、すでに新しい女がいるかもしれないもんね。

何より問題なのは「女遊びは芸の肥やし」というほど、落語がうまくないことよ。。この人は自分で作った新作落語ばかりで、古典ができない。しないんじゃなくて出来ない。

三枝の「女遊びは芸の肥やし」の「肥やし」は、ほんまもんのウンコで、ただの変態遊びだったというところが情けない。奥さん、可哀そうでたまらないけど、それでも、最後まで三枝が好きだったんだから、幸せだったのかもしれない。こういう幸せの形もあるのかもね。60代で若く早く逝ってしまったけど、充実した人生だったかもね。残された三枝は、新しい女としばらくはうまくいっても、最後は捨てられ、寂しい老後を送ってください。現生の罪はある程度、この世で償っておかないと、地獄域になるからね。天国いけるように、老後は寂しく惨めに過ごしてください。
楽天リンク

凡才!馬之助どうぶつ園
馬之助の人間万事塞翁が馬よ!人生是修行
にほんブログ村 芸能一般情報
人気ブログランキングへ



おすすめの記事