国内最高齢スイマー死去106歳

100歳を超えて出場した水泳大会で数々の世界記録を作り、国内最高齢スイマーとして知られた長岡三重子(ながおか・みえこ)さんが19日午前8時47分、急性呼吸不全のため、山口県田布施町の病院で死去した。106歳。周南市出身。


80歳の時、痛めた膝のリハビリで水泳を開始。国内外の大会で活躍し、得たメダルは約460個に上る。

2015年に100歳で女子1500メートル自由形に出場し「100~104歳」の部で世界で初めて完泳するなど、100歳になって以降、18種目で世界記録を樹立した。

19年秋、日本マスターズ水泳選手権大会で新設された「105~109歳」の部の女子50メートル背泳ぎに1人で出場し、大会は引退。今月半ばまで柳井市のプールに通った。日本スポーツグランプリ受賞。

感想

80歳から水泳を始めて100歳で競泳1500メートル自由形に出場って凄すぎる!19年秋に競技大会からは引退したけれど今月半ばまでプールに通って泳いでいて、そしてあっという間に亡くなって、本当にあやかりたい人生だわ。

こういう人生なら長生きも悪くないと思うわよね。

人は必ず最後は死ななきゃならないんだけど、どう生きてどう死ぬかが問題なのよ。ボケて長く寝たきりで悲惨な高齢者となることを誰もが恐れていて、さりとて、志半ばでこの世に心の残し死ぬのも辛い。106歳まで元気にプールで泳いで、大往生できる人生は羨ましい。

凡才!馬之助どうぶつ園
馬之助の人間万事塞翁が馬よ!人生是修行
にほんブログ村 芸能一般情報
人気ブログランキングへ



おすすめの記事