羽生結弦

2月9日に開幕する平昌五輪で
右足首負傷から復帰を目指す
フィギュアスケート男子の羽生結弦(ANA)が、
開幕日から始まる団体戦を回避し、
男子66年ぶりの2連覇を狙う
個人戦に照準を合わせる方向と
なったことが2日、分かった。
産経新聞


16日にショートプログラム(SP)、
17日にフリーが行われる
個人戦の五輪本番が、
約3カ月半ぶりの実戦の舞台となる。

日本スケート連盟によると、
羽生は1月上旬から
練習拠点のトロントで氷上練習を再開し、
氷に乗り始めた昨年12月下旬から前進。

その後の回復も順調とみられ、
五輪出場にめどが立った。

ただ、負傷箇所への負担などを考慮し、
個人戦に集中するとみられる。

羽生は、昨年11月の
NHK杯の公式練習で転倒して
右足首の靭帯(じんたい)を損傷。

昨年末の全日本選手権を欠場したが、
昨季の世界選手権を制するなどした
実績を評価されて五輪代表に選ばれた。

日本選手団は4日に現地入り。
羽生は別便で渡航する予定。産経新聞より

馬之助の感想

団体戦に出ることが出来れば
そこで会場の雰囲気、
氷の状態などに慣れて
個人戦の予行演習ができたんだけど
残念ね。
一番残念なのは羽生君だわね。
彼は責任感が強いから。

ケガの回復がやっぱり
思ったよりはよくないのでは?
と不安がよぎるけど
前向きに考えて頑張るしかないわね。

平昌五輪に
ロシアは団体には出れないから
日本の金メダルが高い確率で
〇になっていたと思うと
四年に一度のオリンピックに
無事出場してメダルを獲ることの
難しさを思い知らされるわ。

オリンピックは
スポーツを通しての
平和の祭典だとかいうけど
実際は政治利用されていたり
純粋さなんて
とうの昔になくなってるけど、

選手は純粋にメダルのためだけに
この4年間、
人生掛けてきているんだから
思い切った決断OKだわよ。

団体戦は宇野昌磨くんに頑張ってもらって
なんとか、メダルとってほしいわ。

田中刑事くんは
ちょっと頼りないというか
調子のいい時と
へたくそな時が両極端で
オリンピックの緊張感に
飲み込まれないで
頑張ってほしいわよ。

田中刑事くんには
団体戦は個人戦の予行演習になって
いいかも。

ともかくフィギュアだけでなく
全ての競技、日本人選手が
ケガなく無事に
力を出し切って自己ベスト、
そして、あとは審判を待つ。

という
オリンピックでありますように!
凡才!馬之助どうぶつ園
にほんブログ村 芸能一般情報
人気ブログランキングへ
楽天リンク