不倫してた小室哲哉

18日放送のフジテレビ系「とくダネ!」

TBS系「ビビット」でそれぞれ

週刊文春に
闘病中の妻KEIKOがいながら
シングルマザーの看護師との
不倫疑惑を報じられた
音楽プロデューサーの小室哲哉について、
報道されたけど

とくダネのコメンテーターの古市憲寿氏
ビビットのテリー伊藤氏共に

小室哲哉を責めることなく
擁護するような内容で
不思議だわ。



18日放送のフジテレビ系「とくダネ!」
関連記事

コメンテーターで社会学者の古市憲寿氏(32)は

「昔からglobeが好きで
小室さんとも直接、
会ったりしているんですけど」

と明かした上で、

「小室さんのKEIKOさんへの愛情って
本当だと思う。

もともとは夫婦の愛で
KEIKOさんがご病気になってから、
お父さんと娘みたいな
そういう関係になっている中で、
違う女性がいるっていうことは、
そんなにボクは違和感はない」

馬之助馬之助

夫婦愛から親子愛になっているって
なんで古市憲寿氏にわかるの?
KEIKOのお母さんは小室哲哉の不倫を
悲しいと言っているそうだけど。


と見解を示した。

さらに古市氏は小室について

「20代30代であれだけ
奔放ないろんな方と恋愛してたというのは
みんな分かっていた通り、
そういう方が結婚したから
すごい奥さんの面倒をみるっていうのは
すごい大変だと思う」

と持論を展開していた。
スポーチ報知記事より抜粋

TBS系「ビビット」関連記事
番組冒頭から小室哲哉不倫の話題。
妻KEIKOがくも膜下出血のため
闘病中でありながら、
小室のまさかの報道に、
スタジオも重苦しい雰囲気が
流れていたらしい・・・
そんな中・・・

テリー伊東は
「KEIKOさんがどこまで知っていたか、
ぼくは分からないけど…」

と前置きし、

こういうことはどこの家庭でもある。
倒れた人が、旦那がまだ若いから、
他の人と遊んでもいいと
思っている可能性もある」と指摘。

そして

「裏切りかもしれないが、
KEIKOさんからみたら
ホッとしているかもしれない」

とコメントした。

これにはMCの国分太一も
「ホッとした?」と疑問の声をはさんだが、

テリーは

「自分を6年もみてもらえてるのは嬉しいが、
旦那はしんどいかもしれない。
ちょっと息抜きしてくれてると…。
これは夫婦じゃないと分からないけど」

と、介護にかかりっきりの小室に対し、
KEIKOが申し訳ないという気持ちを
もっている可能性もあると指摘した。

またテリーと小室は
同じ高校の先輩後輩でもある。

テリーは「学校の仲間としたら、
(会見などに)出ることないと(言う)。
でも彼は会見しようともしてる。
優しさを感じてしまって。
彼が(会見などで)出て来るというのは
KEIKOさんへの優しさでもあると思う」
と持論を語っていた。
デイリースポーツより抜粋

馬之助の感想

小室哲哉が女好きだってことは
誰でもが知っていることだわね。

次々と女をとっかえひっかえして
結婚してすぐ離婚してきた人よ。

まじめに介護をしているはずないとは
誰もが思っていたけど

闘病中の妻を妻の実家に送り届け
自分は看護師と不倫しているって
普通は糾弾されるけど
社会学者の古市憲寿氏もテリー伊藤氏も
擁護しているわ。

不倫をしても許される人と
糾弾されて消える人。

この違いは
どこにあるのかしらね?

・フジテレビアナの秋元優里
・藤吉久美子
・斉藤由貴と主治医

・ベッキーと、
ゲスの極み乙女の川谷絵音

・今井絵理子と
元橋本健神戸市議会議員

・渡辺謙
桂文枝こと桂三枝
・小林武史と一青窈
桜井和寿とギリギリガールズ
・中村獅童と岡本綾
・GLAYのTERU
・TERUとTERU
・石田純一と長谷川理恵

などなど、枚挙にいとまがないわ。

岡本綾は中村獅童と
自動車に乗っているのを
週刊誌に掲載されて
そのまま、実質引退。

しかし
中村獅童は今も健在。

フジテレビアナの秋元優里は、
今後、仕事が減ると思うわ。

音楽界の人や歌舞伎界など、
どれだけ不倫しても
一定期間騒がれても
時間が過ぎれば許されて

政治家や雰囲気で売っているだけの
実力不足の人が
消えていくってことかしら?

しかし不倫発覚時から
擁護される人は初めてだわ。

妻が病気闘病中に不倫するって
客観的に見て、
倫理観のかけらもなく
酷いことだと思うのだけど・・
小室哲哉は責められないのね。

この人でなければだめなんだという
実力があれば人殺し以外は
許されるってことね。

俳優はどれだけ演技がうまくても
代わりはいくらでもいるからね・・・

渡辺謙は小室哲哉を
うらやましく思って
いるでしょうね~
凡才!馬之助どうぶつ園
にほんブログ村 芸能一般情報
人気ブログランキングへ
楽天リンク