高畑淳子

「あの事件で、家庭がめちゃくちゃになった…」。
昨年8月にホテル従業員への暴行容疑で逮捕され
不起訴処分になった
高畑裕太の母・高畑淳子は
周囲にこうこぼしているという。
裕太は釈放後、埼玉県内の病院に入院したが、
昨年末に母親と住む自宅に戻った。

釈放された元強姦致傷犯人高畑裕太

裕太は精神的に落ち込み、
自宅に引きこもっているという。
tocana / 2017年3月13日 13時30分より


 

母・淳子は事件を冤罪だと思っている

マスコミには敵意ムキ出資の母・淳子

●最愛の息子を悪く書く週刊誌やマスコミに
敵意ムキ出しになっている。

●「週刊文春」3月2日号には、

週刊文春 3月2日号【電子書籍】[ 出口治明 ]

自宅前に集まっていたマスコミに対し、
般若のような形相で
「あなたたち、何やってるの!
私が何をしたんですかぁ!」と、
怒鳴りちらしたと書いている。

●ネット上では「全く反省してない」
「涙の謝罪会見は何だったの?」
「息子の事叱れよ」と批判が殺到した。

母・淳子の行き場のない感情

●これまで我慢していた高畑淳子の感情が
この日は爆発したと思われる。
それほどいまの“高畑家”は
ヤバイらしい。

●淳子が息子の就職先探しに奔走。
自身の劇団青年座で
引き取るという話も流れているが、
裕太君の精神はいまも不安定で
それどころではない。

●母親に対し罵声を浴びせることもあり、
高畑淳子は周囲に

『裕太が怖い…』

とこぼしている。
息子が何を考えているか
わからないらしい。

高畑裕太は元々、個性が強い子

●幼少期、通学途中で見つけた石コロを
蹴り続けることに熱中するあまり、
大遅刻する

他人とは違う行動で目立ち、
高校時代のアダ名は『バカ畑』

高畑淳子の脱力感、喪失感は計り知れない

●ようやくタレントとして
独り立ちしたと思った矢先に
事件を起こし、
昔の状態に戻ってしまった。

●いや、もっと悪いかもしれず、
高畑淳子の脱力感、喪失感は
計り知れない

●裕太の“再入院”もウワサされている。

馬之助の感想

あたしが子供の頃の時代には
授業中、歩き回ったり
集中力ゼロのいわゆる、
アホなの?って子は
クラスに必ず一人はいたものよ。

今の世は何でもかんでも
病名をつけたがるから
アスペルガーとか、学習障害とか
言ってるけど
高畑裕太もその類なのかもね。

去年事件があって
まだ1年もたたないで
また元通りになるなんて
ありえないわ。
精神的に落ち着くまで
数年はかかるわよ。

気持ちが落ち着いて
その時、この先、自分は
何をしたいのか?
と考えるしかないわね。

しかし、短期間でも華やかな場所で
チヤホヤされて、脚光を浴び、
簡単に大金を手に入れた、
恍惚感が頭から離れず
地道に生きていくことが
辛いかも・・・・

普通にパートしたら
時給1000円いかないもの・・・

介護の仕事なんて
激務でありながら、月20万円
もらえないというし

美容師は、美容学校出て
国家試験受かって資格を取っても、
見習い時期は給料、
すごく少ないみたいよ。

働いてお金をいただくって
大変なことなのよね。

高畑裕太は、
子役が小さくてかわいい
というだけで、もてはやされて
やがて下降線になって
そのまま、ダメになっていくのと
似ているような気がする・・・

地道な努力をさせずに
一気に階段を登らせてしまった
母親、高畑淳子の愚かさは
大きな責任よ。

苦労して手に入れたものなら
失わないようにと思うけど
あまりに簡単に仕事が
どんどん入るようになり
思いあがってたことと、

高畑裕太自身の性癖も
ちゃんと、精神科で
カウンセリングを受けて
改善していかなきゃいけないわ。
にほんブログ村 芸能一般情報
人気ブログランキングへ

発達障害の僕が 輝ける場所を みつけられた理由 [ 栗原 類 ]