ノンスタ井上

ノンスタ井上当て逃げ事故!っていうから

驚いちゃったわよ。しかも、

「事故を起こしたことが世間に知られたら

大変なことになると思った」

と、供述していると報道されたから

こりゃ、イカンと思ったわよ。

接触事故は芸能人でもよくあることで

誠意をもって対応して解決していくのだろうけど、

当ててそのまま逃げるというのは

飲酒運転だったのか?との疑惑まで

持たれてしまうでしょ。

真実はどうなのか、ネット情報ではどうせ、

わからないだろうけど

ちょっと調べてみたわ。


ノンスタ井上“当て逃げ”は真実か?

なぜ「供述」が食い違っているのか。
吉本のお笑いコンビ「NON STYLE」井上裕介(36)の“当て逃げ”事故。
当初、井上は
「事故を起こしたことが世間に知られたら大変なことになると思った」
と供述したと報じられた。井上はその後、
「その場でよく確認すべきところを怠ってしまい、
被害者の方には大変申し訳ありません」
と謝罪コメントを発表したものの、
所属事務所サイドは「逃げた事実はない」と、当て逃げを否定。
報道でもビミョーな食い違いが生じている。

「井上は車線変更した際に、衝突したような感触はあったが、
タクシーの運転手がすぐに出てこなかったため、
そのまま走り去ったと弁明している」
と報じられたと思ったら、
「事故後、一度も車を止めずに走り去った」という報道も。
何が本当で何がウソなのか。
所属事務所の担当者がこう言う。

「確かに井上本人も当てた感覚はあったそうですが、
怖くなって逃げたということではないようです。
接触後、次の赤信号で井上は車を止めた。
(接触した)タクシーも井上の車の後ろで止まったのですが、
運転手の方は何も言ってこなかった。
それで井上は『大丈夫』と判断し、そのまま発進したそうです」

そうなると、警察が発表した
「世間に知られたら大変なことになると思った」
という井上の供述とは、
だいぶニュアンスが異なる。

「井上は任意で警察の聴取を受けた際、
『世間が知ったら大変なことですよね?』と聞かれ、
『そうですね』と答えたそうです。
その部分だけがクローズアップされ、大きく報じられたことで、
井上が当て逃げしたかのようになってしまったのです」(関係者)
とはいえ、当てた井上が悪いのは悪い。
井上は現在、自宅謹慎中だという。
日刊現代DIGITALより

心配される相方・石田の“うつ再発”

ノンスタ石田

お笑いコンビ「NON STYLE」の井上裕介(36)の当て逃げ事故をめぐり
相方・石田明(36)の精神面を不安視する声がファンの間で広がっている。
石田は2000年に井上とコンビを結成してデビューを果たしたが、
その1年後、父親が多額の借金を抱えていたことや
苦手なトーク番組に出演するプレッシャーなどから、

うつ病を発症した経験がある。
そのため、石田がうつ病だったことを知るファンからは
<石田さん、またうつになりそうで怖い>など
メンタル面を気遣う声がネット上に相次いでいるほか、
<井上は本当に何をやっているのか!>と
怒りをあらわにする書き込みも少なくない。

今回の一件で、年末年始の特番では井上の登場シーン削除など
すでに多方面に影響が出始めている。
相方の石田にも心労が募りそうだが、大丈夫なのか。
日刊ゲンダイDIGITALより

馬之助の感想

「井上は任意で警察の聴取を受けた際、
『世間が知ったら大変なことですよね?』と聞かれ、
『そうですね』と答えたそうです。
その部分だけがクローズアップされ、大きく報じられたことで、
井上が当て逃げしたかのようになってしまったのです」(関係者)

ここれが真実であるとしたら、

警察の誘導って恐ろしいわね。

車を運転する人なら誰でも起こりうる事故で

誘導に引っかかったために

年末年始の仕事に大きな影響が出て

違約金の話ももしかしたら

出てくるかもしれないでしょ。

長い下積みの末やっと売れるようになったのに

かわいそうだわよ。

ノンスタ石田はうつ病の持病があるから

心配ではあるけど

今は井上のほうが苦しいはずよ。

石田がウツの時には

井上が支えてくれたと思うの。

今度は石田が井上を支えてあげてほしいわ。

相手のタクシードライバーに誠意をもって対応し

年末年始は体を休めて、また出てきて頂戴よ。
にほんブログ村 芸能一般情報
人気ブログランキングへ