先月21日に亡くなった
故・松方弘樹(享年74)が生前、
離婚した女優の仁科亜季子に
「泣かされた」と、
親しい映画関係者に漏らしていたという。


 

松方女遍歴のおさらい

●松方の一度目の結婚相手は、
元モデルのN子さん。
子どもは3人。

●1974年にNHK大河ドラマ『勝海舟』
で共演した仁科との不倫

仁科明子

●松方は、N子さんに
3億円の慰謝料を払って離婚

●仁科と再婚

不倫の末に結婚した松方弘樹と仁科亜希子

●元歌手の千葉マリアとの間に
隠し子がいたことが発覚。

千葉マリア

●仁科が松方にパイプカットを命じる

●祇園の高級クラブのホステスだった
山本万里子さんと不倫

松方弘樹と山本万里子

●仁科は女性週刊誌上で
松方の不倫を暴露して、離婚を発表。
慰謝料0だったことで
仁科に同情が集まった

真の悪女は仁科亜希子だった

松方弘樹は離婚後、
映画関係者が偶然会った際

「すでに10億円近い金が
亜季子や本人の実家に行っている
と思いますよ。

離婚前から生命保険や
定期預金の解約を進め、
私が持っていた社債を黙って
現金化したようで……。

なんとも恥ずかしい」
とボヤいたという

仁科亜希子は嘘つき

松方の訃報を受けて、仁科は

「本気で愛し、2人の子供を授かり
20年以上も共に歩んで参りました方です。
今は、安らかにおやすみくださいますよう、
心よりお祈り申し上げます」

と追悼コメントを発表したが、
それが空々しく聞こえる。

他人の亭主を寝取った亭主が
また他の女と
不倫していると察した仁科亜希子は

当時を知る関係者によると、
2人の関係が怪しいと気づいた仁科は、
興信所を雇って山本さんの自宅や
松方の寝室を調べた。
不倫を確信した時点で、離婚を決意。
話し合いを有利に進めるために、
暴力団関係者を
味方につけようとしたという。

すぐさま、
生命保険や定期預金の解約を進め、
社債を勝手に現金化して我が物にし、
金が手に入った時点で
週刊誌に松方の不倫と
離婚を発表した
稀代の悪女仁科亜希子・・・・

怖ろしい・・・

最後の女「山本万里子」は何も求めず尽くした

山本万里子は松方に入籍など迫らず、
ひと筋に尽くしてきた。松方は、
昨年2月に脳リンパ腫と診断され、
都内の大学病院に入院。
主な収入源だった
『夢コンサート』の仕事もキャンセル。
収入源を絶たれ、特別室から
一般個室に移らなければならないほど、
生活は逼迫していたという。

それでも誰にも頼らず、
松方に付き添ったという山本万里子。
そんな山本さんに看取られて
この世を去った松方の晩年は、
金がなくても幸せだったのだろう。

松方弘樹の女で一番の悪女は仁科

最初の妻

3人子供がいるし、離婚を拒むが
仕方なく離婚。
しかし子供は松方の葬儀に出席した。

仁科亜希子

元祖不倫略奪婚女

松方に感染させられたと思われる
子宮頸がんにり患し、当時は完治。

千葉マリアと松方が子供を作り
次に、山本万里子と不倫。

離婚当時は慰謝料なしで離婚する
可哀そうな女を演じたが
実は不倫を察知した時点から
生命保険や定期預金の解約を進め、
社債を勝手に現金化して
10億円を手にしていた。

他人を亭主を寝取って
家庭を崩壊させ
自分が離婚するときは
10億円せしめるという悪事を
神様はご覧になっていたようで

離婚後も、胃がん、大腸がんと
がんのオンパレード・・・・

元気そうにはしているが
実は体の中はボロボロ。

それに加えて子供二人もアホ。

千葉マリア

仁科亜希子と結婚していた当時の
松方の子を妊娠出産。

彼女も松方に感染させられたと思われる
子宮頚がを発症したが完治し、
今も元気。

現在は女性専用薬物依存リハビリ支援の
非営利活動法人「S.A.R.S千葉」の
代表を務めて、
世間様のお役に立っている。

山本万里子

仁科亜希子と結婚していた
松方弘樹と不倫。

松方離婚時、仁科に金をコソ泥されて
すっからかんでも意に介さず
晩年、脳リンパ腫にり患し
長期間、寝たきり状態の
松方を介護。現在、
経済的にすっからかんに
なっていると思われるが
愛を貫き通した。

馬之助の感想

こうやってまとめてみると、
一番の悪女は
仁科亜希子だわね。

そして松方弘樹は
仁科亜希子に10億、
持ち逃げされたことを
決して公にはせずに、
男らしい人だったといえるわ。

なんで松方弘樹が死んだあと、
テレビがいい人だったというのか
わからなかったけど・・
今わかったわ~
【中古】こわい女 (1961年)
にほんブログ村 芸能一般情報
人気ブログランキングへ