ティームに敗れた錦織くん

テニス全仏オープン第8日
▽男子シングルス4回戦
錦織圭1―3ドミニク・ティエム(3日・パリ)



手首故障で休んでいたため
ランキングが下がり
現在21位の錦織くん。
今回の全仏は第19シード。

対戦相手のオーストリアの
ドミニク・ティームは
現在24歳で世界ランキング第8位で
第7シード。

錦織くんは
過去過去2戦全勝相手だったけど
初黒星。

ティームの200キロを超すサーブが
強烈で
第1セットは錦織くん
勝つわ、という感じだったけど
とられてしまい、

第2セットはティームの
200キロの第1サーブが
ガンガン入って、
あっけなく取られてしまい
このままズルズルいってしまうのか・・
と思ったら

第3セットで盛り返し
迎えた第4セット。

第4セットは
追い上げムードだったから
第5セットにもつれ込めば
イケルかもと思ったけど
2本のブレイクポイントを
与えてしまって
ああ、土俵際まで来てしまった・・・

と思ったとき、
錦織くん、ラケットを
コートに投げつけたのよね。

2017年の全仏オープンでも
彼はラケットをコートに叩きつけ
この時はラケットグニャグニャになり
会場からブーイングが飛んだのよ。

その前にも確か
メキシコオープンで
ラケットを破壊していて
焦りが見受けられるわね。

上層のナダルにジョコビッチは健在。
若手が伸びてきて
苦しい立場であることはわかるわ。

今回の対戦相手
ティームはナダルに今季
クレーコートで唯一黒星とった
人だから、かつて対戦した時より
力をつけてきてるんだわ。

ナダルは赤土では絶対王者なのに
そのナダルに勝つのだから
もしかしたら今回の全仏、
ティームが優勝
するかもしれない。

あと一歩の壁なんだけどね。
高くて険しくて
頑丈にそびえたつ壁だわ。

錦織くんは28歳という
年齢的にもピークを維持できるのは
ここ数年と思われるから
何とか、何とか、
一回でいいから
グランドスラムで優勝してほしい、
させてあげたいわ。

かつてピアニストの中村紘子が
ショパンコンクールに出たとき
あれだけ子供のころから
生活のすべてを
ピアノに掛けて練習してきても
まったく太刀打ちできない天才がいて
4位入賞でも
喜べなかったみたいなことを
書いていたのよ。

全仏のセンターコートに立てるだけでも
選ばれし天才なんだけど

選ばれた天才の中にも
さらに天才がいて
苦しいと思う‥今の錦織くん。

錦織くんは疲れた表情で
「期待していた分、やっぱり悔しい。
もうちょっと(上へ)いきたかった」と
本音が漏らしたという報道に
なんだか涙が出たわ。

次は7月2日開幕の
ウィンブルドンに向けての
前哨戦のゲリー・ウェバー・オープンが
18日ドイツで開幕するんでしょ?

3週間くらいあるから
体と手首を休ませて
全英ベスト8を目指して
その次の全米で決勝進出を狙って!
凡才!馬之助どうぶつ園
にほんブログ村 芸能一般情報
人気ブログランキングへ
楽天リンク