北海道での交通事故で重傷を負い、
活動を休止していた「EXILE」のMAKIDAIが
31日、メーンパーソナリティーを務める「ZIP!」に、
約1カ月ぶりに復帰した。


MAKIDAI

 事故の経緯

昨年12月24日未明、
ユニット「PKCZ(R)」として
「三代目 J Soul Brothers」の
札幌ドームでのライブに車で向かう途中、
大型トラックと衝突する事故に遭った。
こちらに当時の情報掲載

「ただいまです。無事に帰ってまいりました」と挨拶

まだ薄暗い朝6時、
寒いだろうに外で中継。
1カ月ぶりに番組復帰を果たした。

番組中盤に、事故の詳細や現在の状態について報告。
現在、歩行やジョギングはできるというが、
ケガは完治はしておらず
「骨がくっついていないので、
激しい運動はできない状態。
痛みも完全にないわけでない」と話してた~

「ショックのため」事故の直前と直後の記憶がない

胸の激しい痛みで意識が戻り、
気づいたら担架で運ばれていたんですって。

「熱いもの(血)が頭から流れていて、
胸が苦しくて熱くてつらい状況。
担架に乗せられ、天井がゆがんだ状態で
(運ばれながら)景色が
何となく変わっていく感じだった」らしい・・・

函館の病院に搬送され入院生活

入院当日に体がどれだけ動かせるかチェックし、
翌日には補助を受けながらも
ベットに座れるまで至ったという。

「肺に血がたまっていたので、それを抜いて、
それ以降は早く体を動かした方が
いいとのことだった」

補助器を使いながらも
4日後には立ち上がり、歩行も可能に。

EXILEのリーダー、HIRO(47)が見舞いにかけつける

函館の病院に、ご両親、
HIRO(上戸彩のご亭主)が見舞いに訪れ、
歩くMAKIDAIの姿をみて
「安心した」と喜んでくれたことが
「復活の励みになった」らしい・・・

都内の病院に転院後

8キロの鉄アレイを持ってのスクワットや
上半身のストレッチなどリハビリを重ね、
今月20日に退院。
スピード回復へとつなげた。

感謝の気持ちを伝える見事な芸能人魂

「今こうして自分がいられるのは、
事故当時お世話になった函館の先生、
看護師の皆様、東京の先生、看護師の皆様、
そして何よりも苦しい状況の中
温かいメッセージを送ってくださった
皆様のおかげだと思っております」
と感謝の気持ちを伝えた。

馬之助の感想

まだ痛みがあるらしいけど
そんな様子を全く見ぜず、
早朝番組に復帰するって、根性あるわね。

無理なスケジュールを組んでる
事務所の社長HIROに
腹を立てることなど全くなく
函館まで見舞いに来てくれたことを感謝し

世話になった医者、看護師にも感謝し、

この人は今後も芸能界で
活躍していく人でしょうね。

仕事があるのは
周囲の引き立てがあってこそってことを
ちゃんとわかっている人が
芸能界だけでなく
どんな業界でも生き残るのよ。

神経を損傷し麻痺が残ると
厄介だったけど
傷は時間と共に癒されていくから
本当によかったわ。

『交通事故0運動』 のぼり/のぼり旗

 60cm×180cm 【交通事故0運動】
にほんブログ村 芸能一般情報
人気ブログランキングへ