錦織圭ウインブルドンジョコビッチに敗れる

ウインブルドンの初挑戦から10年。
もうあとちょっとで
グランドスラム優勝を目前にしながら
立ちはだかるのが天敵ジョコビッチ。

試合後の錦織くんの一問一答



-攻めていく作戦だったか

 錦織 なかなか簡単ではなかった。
この芝でも、思った以上に
ディフェンスがよくて。
深いボールがかなり返ってきた。
攻めきれなかった。

 - 崩し方が難しいか

 錦織 やっぱり何かが足らない。
本当にフリーポイントを
なかなかくれない選手で、
精神力もかなり使う。

 -チャンスはあった

 錦織 最後まで、ずっと
チャンスは来ると思ってやっていた。
3セット目も、
先にブレークチャンスが来た。
あそこを取っていたら、
自信もついて、またプレーも
変わっていたかもしれない。

 -第3セットで薬をのんだ

 錦織
ひじがそこまでよくはなかった。
試合前から飲んでた。
薬のおかげで多少、気が紛れてはいた。

 -収穫は

 錦織 芝でいいテニスができたというのは、
ちょっと自信になった。
ベスト8は当たり前なので、この芝で
自分のテニスを見つけ出せたことは、
大きな収穫。

 -ハードコート・シーズンに向けて

 錦織
まだハードで、今年、
全然、いい試合ができてない。
もう1回、ハードコートで
しっかり勝つ試合がこなせれば、
自信もついてくる。ただ、気は楽。
守る(世界ランクの)ポイントがないので。

 -今後の目標は

 錦織
 ツアーファイナル(最終戦出場)は、
まだ目指している。
そのため、自然とハードコートの結果は
大事になってくる。この結果をバネに、
最後、狙える位置まで行きたい。
日刊スポーツより

馬之助の感想

錦織圭くんはケガから復帰して
ウインブルドンではじめて
ベスト8に入ったのだから
よかった!よくやった!
と、思えなくはないけど、

もし第3セット、0-40の
ブレイクチャンスで
ブレイク成功していたら
ジョコビッチに勝てたような
気がする・・・

錦織くんはジョコビッチに
13連敗しているので
ジョコビッチのほうが
圧倒的に強いかといえば
そうではないと思うの。

上位の選手の試合は
ターニングポイントとなる場面で
必ず競り勝っているのよ。

そこを取れるかどうかが
力の差だと言ってしまったら
そうなんだけど・・。

錦織くんはベスト8は当然、と
さらりと、言っているわね。

ものすごいことだとは思うけど、
上位選手は1回戦2回戦は
超下位の選手と当たるように
組み合わされているから。

下位といっても
かつてベスト10位だったり
簡単に勝たしてくれる選手は
いないんだけど
1回戦でフェデラーやナダルや
ジョコと当たることはないのよね。

だからベスト16は
入って当たり前で
ベスト8も、上位選手にとって
当たり前なのかもしれないわね。

だから世界ランキング4位の時でさえ、
ベスト8になれなかったのは
よほど、ウインブルドンのの芝は
彼にとってやり辛いって
ことなんでしょ。

そのやり辛い芝で
ベスト8の壁を破ったのだから、
ジョコとの第3セット、
0-40のブレイクチャンスを
モノにできなかったのは
惜しくてたまらない・・・

第4セット、しょっぱなから
錦織くんがブレイクしたら
すかさず、
ジョコはブレイク仕返し
流れを持っていかれないように
するのよね・・

超、憎たらしいわ!

雄たけびを上げるジョコビッチ

フェデラー、ナダル、マリー,
ジョコビッチが今のテニス界の
四天王と言われているけど
錦織くんは
フェデラー、ナダル、
マリーに対しては
勝つ方法がわかっているそうよ。

それを試合で
練習通りにできるかどうか。

でもジョコに対してだけは
どうすれば勝てるのか
わからないらしい・・・

二人はタイプが同じなんだそうで
おなじだからこそ、
ちょっとの違いで
勝敗が決まるのよね。

ジョコは身長が190くらいあるから
それだけでサーブに脅威が出るわ。

だからこそ、
ブレイクチャンスが来たら
何が何でも取る。

それを積み重ねていくしか
攻略法がないのかも。

錦織くんも年齢は28歳になり、
この2年間が
最後のピークかもしれない。

ウインブルドンの本選に
出ることが出来なくて
錦織くんを羨ましいと思っている
無名選手はゴマンといるだろうけど

錦織くんのような天才は天才で
世界一になれと期待されて
苦しいわね・・・
凡才!馬之助どうぶつ園
にほんブログ村 芸能一般情報
人気ブログランキングへ
楽天リンク