加藤剛死去

映画「砂の器」、
TBS系の時代劇ドラマ「大岡越前」、
などで知られた俳優・加藤剛
(かとう・ごう、本名=かとう・たけし)さんが
6月18日に死去していたことが9日、分かった。
80歳だった。スポーツ報知/報知新聞社



すでに葬儀・告別式は
近親者による家族葬式で執り行っており、
後日お別れの会を営む。
お別れの会の日取りなどは
9日午後にも発表する予定.
スポーツ報知/報知新聞社

馬之助の感想

数年前にテレビに出てられて
年取ったわあ~と思ったのよ。
80歳だものね。
近頃は90歳100歳まで生きるので
若い、早いともいえなくもないけど
同じ時期に
中尾翔太さんが22歳が胃がんで死去
されたので
俳優として成功して
80歳まで生きて
結婚して子供もいて
幸せな人生だったろうと思うわ。
松本清張原作の「砂の器」は
何度も映像化されて
元SMAPの仲居くんのを見た人が
多いと思うけど
あたしの砂の器は
野村 芳太郎監督の映画なのよ。

 

 

テレビドラマでは父親が犯罪人という
設定に変えてあったけど
原作はハンセン病。
映画はそのまま描いていて

野村 芳太郎監督の砂の器

父親がハンセン病なので隔離され
息子と離れ離れになり
成人してピアニストになったのが
加藤剛。

実際にピアニストなんて
高いレッスン代金を払わなきゃ
ピアノを勉強できないし
なかなかピアニストなんてなれないので
松本清張は音楽会の現実を
知らなかったと思われるんだけど
小説も映画も感動なのよ。

加藤剛はどんな役をやっても
スマートでかっこよくて
あたしのちょっと世代の上の
おばあさまにとって
アイドルだったと思うわ。

亡くなったことに関して詳細は
親族によって今日
発表されるらしいけど
きれいな引き際だと思う。

ご冥福をお祈りします。
凡才!馬之助どうぶつ園
にほんブログ村 芸能一般情報
人気ブログランキングへ