このところ木村拓哉を除く
元SMAPのメンバーが週刊誌の
餌食となっている。
asagei+より


SMAP解散後の木村拓哉以外の悲惨なゴシップ報道

●中居正広はダンサー女性との交際が発覚。

●香取慎吾には隠し子疑惑

●5月19日発売の「フライデー」には
草なぎ剛の奇行が掲載

●稲垣吾郎は菅野美穂、中越典子以来、
女性のうわさがなく
ネット上では両刀使いではないか
という噂があり、週刊誌では
男性と二人っきりの写真を含めて狙われている。

事務所によるお仕置き状態

「本来ならジャニーズ事務所が
スキャンダルに厳しい報道統制を敷くため、
週刊誌がスクープに成功しても
扱いづらかった。

それが解散騒動後は事務所側についた
木村だけが守られ続け、
他の4人は完全に放置状態。

もはや事務所によるお仕置き状況で、
4人に対するスクープ合戦は
今後も続いていくだろう」(芸能関係者)

メリー女帝の闇の粛清史

マスコミへの影響力は、
スキャンダルの火消しにも
絶大な効果を発揮してきた。

●ジャニー社長のジュニアに対する
ここに書くことをためらわれる
内容の疑惑を週刊文春は
ジャニーズをやめたジュニアの告白を
生々しくを書き、
詳細を連載し国会でも取り上げられたが
テレビは完全無視。

馬之助馬之助

当時は今以上に
ドラマも歌番組もジャニタレなしでは
成立しなかったからね・・・

●メリーは、かつて
ジャニーの性癖を問われた際、
『弟は病気なんだからしょうがないでしょ!』
と開き直った。

●中森明菜と近藤真彦、金屏風事件
https://matome.naver.jp/odai/2147143898432657401
↑参照
中森明菜は潰されてしまった・・・

飯島元マネージャーも同じ手法

●メリー氏の権力によって
事務所を追放された飯島マネージャーも、
スキャンダルに関しては、
メリー氏と同様の手法でSMAPを守ってきた。

●稲垣吾郎が道路交通法違反で逮捕された際、
「容疑者」ではなく
「メンバー」という謎の呼称が話題となった。

●稲垣吾郎は道路交通法違反で逮捕された際
当時付き合っていた菅野美穂が
車に乗っていたとされて
そのため、逃げようとして
女性警官の足を蹴ったとされている。

●元MAPのリーダー・中居正広の
一般女性に対する妊娠・堕胎強要疑惑。
仲居は中絶を迫ったが
女性を納得させることはできなかった。
そこに乗り出してきたのが飯島マネ。
女性を呼び出して説得を続け、
半ば強引に中絶手術の同意を取りつけた。

●仲居の妊娠・堕胎強要疑惑の
記事を、別な媒体の記者から
質問されたメリーが、
ものすごい形相で完全否定したため、
後追いするメディアはほとんどなかった。
テレビや新聞などの
大手メディアさえ報じなければ、
世間にとっては
なかったも同然とばかりに、
記事は黙殺されてしまった

“独立派SMAP”の4人には、茨の道が待ち受けている

●SMAPのマネージメントは
飯島女史が一手に握っており、
メリーもジュリーも
口出しできないと言われてきた。

ところが目の上のコブだった
飯島女史を追放し、
独立しようとしたメンバーに
謝罪させたことで、
大きな貸しを作ることに成功した。
SMAPの実権を握ったことで、
メディアへの影響力は
ますます強まることは間違いない。

馬之助馬之助

恐ろしすぎる・・・


凡才!馬之助どうぶつ園
にほんブログ村 芸能一般情報
人気ブログランキングへ
楽天リンク
↓面白わよ、この本。

信長と消えた家臣たち 失脚・粛清・謀反