丸岡いずみ代理出産

フリーアナウンサーの丸岡いずみさん(46)が、
夫で映画コメンテーターの有村昆(41)との間に
ロシアの代理母出産で
第1子となる3400グラムの男児を
もうけていたことが22日分かった。
今月3日、ロシアの病院で誕生した。
「婦人公論」2月13日号で
丸岡さんがインタビューに答えている。



丸岡さんと有村さんは、2012年8月に結婚。

★程なく自然妊娠⇒10週目で流産

★その後、体外受精による不妊治療開始

★受精卵を子宮内に戻したところ、再度妊娠
⇒流産。

★子宮内膜が薄いことによる「不育症」の疑
⇒投薬治療⇒副作用が強い⇒代理母出産へ

★丸岡さんは結婚前に
東日本大震災の現地取材で
「震災うつ」を患っていた。
⇒治療時は、その時に近い体調だったという。

★当初は代理母出産が普及している
米国での出産
⇒代理母を見付けることができなかった。

★最終的にはロシアの代理母に依頼。

★16年冬に凍結保存した受精卵を
ロシアに運び、無事、出産
⇒丸岡さんは現地で
夫婦そろって赤ん坊と対面

★丸岡さんは
「自分たちのDNAを引き継いだ子どもが
どうしても欲しかった」

「子どもが成長する過程で
どんな状況が待っていようと、
しっかり向き合っていこうと思います」

と、語っている。

★日本では法的な規制はないが、
日本産科婦人科学会が
「認められない」としている。

★03年に元総合格闘家の高田延彦と
タレントの向井亜紀夫妻が、
米国人女性の代理母出産で
双子の男児をもうけた。
その後、出生届の受理をめぐって
最高裁まで争ったが認められず、
08年に特別養子縁組を成立させた。
以上スポーツ報知より

馬之助の感想

「自分たちのDNAを引き継いだ子どもが
どうしても欲しかった」

って、よほど、自分が好きなのね・・
あたしは自分の遺伝子なんか
残したいとは思わないけどね。

ロシアまで行って
莫大なお金をかけて・・・・
誰でもができることではないわね。

経済的に代理出産など
高度な不妊治療を諦めている夫婦は
多いと思うので
反発が予想されるわよ。

丸岡アナは今後
あまり好きでないアナウンサーに
ランクインしちゃうかも。

しかも高齢だから
子供が大学受験など
お金がかかる頃には
現役で働いるかどうかも
わからないのよ。

医療が発達するのはいいけれど
この年齢になったら妊娠出産を
諦めるというラインがなくなってきて
追い詰められている夫婦が
他にたくさん、
いそうな気がする・・

こういった出産には様々な
意見や問題があるだろうけど

まあ、丸岡夫妻は希望が叶って
ホント、よかったわね。

高齢の親は10代で子供を持った人より
子供を大切にするらしいわ。
きっと生まれた子は幸せになるわよ。
凡才!馬之助どうぶつ園
にほんブログ村 芸能一般情報
人気ブログランキングへ